ルカク、アクシデントの同僚エリクセンにゴールを捧げる「クリス、愛しているよ」

拡大画像を見る

 ベルギー代表FWロメル・ルカクは、2ゴールをあげたロシア戦を終えてその心境を語った。12日、イギリスメディア『BBC』が報じている。

 EURO2020・グループB第1節が12日に行われ、ベルギー代表とロシア代表が対戦。直前に行われたデンマーク対フィンランドの一戦で、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが突然ピッチに倒れ込み、心臓マッサージなどの処置が行われるアクシデントが起こったなか、先制ゴールをあげたルカクはゴール後、カメラのもとに走り寄って「クリス、クリス、愛しているよ」とインテルでの同僚にメッセージを送った。

 最終的にルカクの2得点などでベルギーが勝利すると、試合後、元同僚のアクシデントに「怖かったよ」と告白したルカクは、このように心境を語った

「たくさん泣いたよ。彼とは、自分の家族とよりも長い時間を過ごしているからね」

「試合をプレーするのは難しかった。彼が健康であることを祈るし、このパフォーマンスを彼に捧げたい。僕の心は彼、彼のガールフレンド、2人の子ども、そして彼の家族とともにある」

関連リンク

  • 6/13 11:59
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます