ポステコグルー新監督就任のセルティックが豪州代表GK獲得か…指揮官とは代表で共闘

拡大画像を見る

 横浜F・マリノスからアンジェ・ポステコグルー新監督を招へいしたセルティックがブライトンのオーストラリア代表GKマット・ライアン獲得を目指すようだ。12日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 同メディアによると、セルティックは来シーズンのリーグ優勝に向け、GKの獲得を目指しており、ポステコグルー新監督とオーストラリア代表で共闘したライアンのプレーを評価している模様。同選手は、今シーズンの後半戦に子供の頃からの憧れのクラブであったアーセナルにローン移籍で加入し、リーグ戦3試合に出場した。所属元クラブであるブライトンとの契約は来シーズン6月までとなっている。

 2020-21シーズンは宿敵レンジャーズの後塵を拝したセルティック。新シーズンの覇権奪回に向けた一手として、ライアンを迎え入れることとなるのだろうか。

関連リンク

  • 6/13 10:44
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます