「彼氏がいないなら付き合って」と迫られたときのかわし方9パターン

こちらに彼氏がいないことを知っている男性から「じゃあ俺と付き合ってよ」と迫られたら、困ってしまうもの。この状況をスマートに切り抜けるには、どうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『彼氏がいないなら付き合って』と迫られたときのかわし方」をご紹介します。

【1】「今は仕事を頑張りたいの」と誰とも付き合う気がないことを強調する
「『仕事も恋愛も同時にがんばれば?』と言われたけど、黙って首を振り続けました」(20代女性)というように、恋愛以外のことに集中したいと伝えるパターンです。ライバルに負けたわけではないので、あっさりと引き下がってくれるかもしれません。

【2】「来年留学するから恋人は作らない」と近々海外に行く旨を伝える
「『そっか、遠距離になっちゃうもんね』と言われたけど、留学の予定は一切ありません(笑)」(10代女性)というように、嘘でもいいので日本を離れることを匂わせるパターンです。のちに問い詰められても「事情が変わった」のひと言で乗り切りましょう。

【3】「友達のままでいたほうがいい気がする」と現状維持を訴える
「『付き合ってみないとわからないじゃん』と言われたけど、『私はわかるもん』と突っぱねた」(20代女性)というように、友達として大事な存在だと訴えるパターンです。この理由なら相手を傷付けないので、角も立ちにくいでしょう。

【4】「前の彼氏がひどかったから当分恋愛はしない」と傷心ぶりをアピールする
「『俺なら大丈夫だから』と言われたけど、いまは精神的に無理だと主張した」(20代女性)というように、恋愛に臆病になっていることをアピールするパターンです。悲劇のヒロインっぽく振る舞うと、告白のことなど忘れて同情を寄せてもらえるかもしれません。

【5】「あなたにはもっとお似合いの女性がいるはず」と相手を立てた上で断る
「『いないよー』と言われたけど、まんざらでもなさそうだった」(10代女性)というように、私には不相応だと相手を立てた上で断念してもらうパターンです。それでも未練がましいようであれば、「いい子がいたら紹介するから」と会話を締めましょう。

【6】「ほかに好きな人がいるんだよね」とライバルの存在を告げる
「『誰?どんな人?』と問い詰められたけど、『内緒!』で通してあきらめさせた」(20代女性)というように、気になる男性がいることをストレートに伝えるパターンです。まわりくどい断り方をするより、このほうが清々しい印象を与えるかもしれません。

【7】「私と付き合うと面倒だよ」と自分を卑下してあきらめさせる
「『俺、けっこう我慢強いから』と言われたけど、『想像を超えるぐらいの面倒臭さだから』と返したら微妙な顔をしてた」(10代女性)というように、地雷女だと思わせることで引き下がらせるパターンです。相手を気づかって断るテイなので、余計な波風も立たないでしょう。

【8】「毎日忙しくて恋愛している余裕がないの」と多忙さを盾に逃げ切る
「『仕事が忙しくないときだけ会えればいい』と言われたけど、『習い事もたくさんあるので』と納得させた」(20代女性)というように、時間的に恋愛をしている余裕がないと逃げるパターンです。生活に入り込む隙がないとわかれば、相手も踏ん切りがつくかもしれません。

【9】「なに冗談言ってるのよー」と茶化してその場をやり過ごす
「『冗談じゃないって!』と言われたけど、『いやいやー』と笑って流した」(20代女性)というように、告白を茶化すことで深刻な雰囲気にしないパターンです。「そんなことよりさ」と即座に話を変えてしまえば、当分は想いを打ち明けられることもないでしょう。

付き合う気になれない相手の告白を断る際は、「もしかして可能性があるかも」と思わせないことが大切なようです。面倒な展開にならないためにも、スマートな返し方を探してみましょう。(石原たきび)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/13 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます