もっと触りたい...焦らしテクでスキンシップをより楽しくしよう

拡大画像を見る


スキンシップは、愛する2人がお互いの気持ちを感じるためにとても大切なものです。
せっかくスキンシップをするなら、楽しくてもっともっとしたくなるようにしたいですよね?
そんなときは焦らしテクを活用しましょう。
焦らしテクを使って「カリギュラ効果」を期待します。これは、禁止されるとより一層したくなる心理のことです。


見つめる

彼の顔をじっと見つめてみましょう。余裕があれば、上目遣いも試してみてくださいね。
見つめられるとドキドキしますよね。「次はどうしよう?触れたいけどいいかな?」なんて、男性も期待しながら次の行動を考えます。
「目は口ほどに物を言う」というように、見つめるだけでも愛情を伝えることは充分できます。スキンシップを取りたいけど、少し焦らして彼の気持ちを高めたいときには、何も言わずに彼を見つめてみてください。


耳元でささやく

聴覚からの刺激を使って、彼をドキドキさせたり焦らしてみましょう。
耳元でささやくと、いつもより声が色っぽく聞こえます。距離が近く、話す度に少しかかる息。内緒話のような特別感。
このシチュエーションで「好き」や「抱きしめて」なんて言われたら、彼はすぐにでも抱きしめてキスしたくなるはずです。


少しだけ触れる

彼に少しだけ触れることで、彼が「もっと触りたい」と感じるように焦らしましょう。
ベタベタ触るのではなく、少しだけ触れるというのが特徴です。手に入らないものが欲しくなるという心理を利用するのです。
指先に少し触れたり、服の端をつまんだりして、彼に物足りなさを感じさせます。彼女のかわいい仕草が加わり、スキンシップを求める気持ちは一層増すことでしょう。


寸止め

彼にキスをするフリをして寸止めします。ニッコリ笑って、唇以外のところに軽くキスしてみましょう。
「ここまでして、唇にはしてくれないの?」とガッカリしますよね。しかし、それと同時に「これはキスしたくなるでしょ」と気持ちが盛り上がること間違いありません。
彼女のかわいくも少し挑発的な態度に、彼はついつい乗っかってしまうはずです。

彼とのスキンシップをより楽しむために、敢えて焦らしたり挑発的な姿勢を見せたりします。今までしたことがなければ、ぜひ試してみてくださいね。
彼の反応も、いつもと違って楽しくなるでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/13 9:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます