<クイズ>風味の良い「みそ」どう選ぶ?「生みそ」の見分け方

拡大画像を見る

 何も気にせず食べているけど、違いがわからない食べ物って意外と多いですよね。

 今回は「みそ」の違いをチェックしてみましょう。

◆Q.「生みそ」と、他のみその違いは?

 みそには「生みそ」と、“生”ではない「みそ」があります。

 その違い、知っていますか?

◆A.加熱処理やアルコール添加の有無

 一般的に市販のみそは、保存性を高めるため、加熱殺菌やアルコール添加などの処理が行われています。

▼加熱処理、アルコール添加とは?
できあがったみそを加熱処理・アルコール添加して発酵を止めること。アルコール添加の場合、原材料に「酒精」と書かれていることが多い。

 生みそとは、味噌樽から掘りだした“そのまま”のみそのことを言います。加熱処理やアルコール添加を行っておらず、発酵を止めていないのが特徴です。しばしば“生きているみそ”と表現されます。

 生みそは、時間が経つと発酵が進み、みその色や味が変わってきます。そのため、店頭に並ぶまでの時間が長いスーパーなどではあまり販売されていません。

 生みその見分け方を下記にまとめました。

・加熱処理、アルコール添加されていないもの
・パッケージに呼吸口がついているもの
・原材料がシンプルなもの(大豆、米、塩など)


 また、「無添加」と書かれているみそは、アルコール添加されていませんが、加熱処理されている場合があります。

 生みそと、そうでないみそ、栄養成分は同じですが、風味が異なります。特に酒精が入ったみそは、ほんのりアルコールの香りがするため、みそ本来の香りを楽しめません。みそ本来の風味を楽しみたい人は、生みそを選ぶと良いでしょう。

<文/管理栄養士 梅原しおり>

【梅原しおり】
早稲田大学人間科学部卒、管理栄養士免許をもつライター。Twitter:@unchieiyoushi

関連リンク

  • 6/13 8:44
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます