【本日の注目ポイント】東京でエプソムC、札幌で函館スプリントS

拡大画像を見る

 6/13(日)は東京・中京・札幌の3場開催。天気は東京が曇り、中京が曇り一時雨、札幌が晴れの予報となっている。

■東京メイン・エプソムCにアルジャンナなど
 東京11RはエプソムC(GIII)。先週の新馬戦で勝ち名乗りを上げたコマンドラインの全兄アルジャンナが悲願の重賞制覇に挑む。昨年の弥生賞ディープインパクト記念を勝ったサトノフラッグ、17年のセレクトセールで6億超えで取引された良血アドマイヤビルゴ、19年の牡馬クラシック戦線で活躍したヴェロックスなどが出走。

■夏の北海道シリーズの開幕週を飾るスプリント戦
 札幌11Rは函館スプリントS(GIII)。今年はオリンピック開催による変則開催の影響で、札幌競馬場が舞台となる。父ロードカナロア、母カレンチャンと両親ともにスプリントGIで活躍したカレンモエ、2走前にフィリーズレビューを勝利している3歳牝馬シゲルピンクルビー、重賞3勝のコントラチェックなどがスタンバイ。

■中京11R・三宮Sにメモリーコウなど
 中京11Rはダート1800mの三宮S(OP)。2走前のマーチS3着をはじめ、重賞やリステッドレースで安定した結果を残しているメモリーコウ、2走前の吾妻小富士Sで上がり最速の末脚を繰り出し快勝したサトノギャロス、安定した末脚が持ち味のサクラアリュールなどが参戦。

■東京5Rの新馬戦にフィフティシェビーなど
 東京5Rは芝1800mの新馬戦。BCディスタフなど米GI・3勝の母Stopchargingmariaの仔で、中間の乗り込み量も豊富だった外国産馬フィフティシェビー、意欲的な攻め馬で順調な仕上がりを印象付けたヴァーンフリート、追い切りで大差先着と好調をアピールしたアンビション、セレクトセール1歳にて2750万円で取引されたグランシエロなどが初勝利を目指す。

■中京5Rの新馬戦でインプロバイザーらがデビュー
 中京5Rは芝1200mの新馬戦。2014年の北九州記念、セントウルSを連勝したリトルゲルダを母にもつインプロバイザー、2019年小倉2歳Sを制したマイネルグリットを全兄にもつルショコラ、新種牡馬シルバーステート産駒のメリトクラシーなどが出走。

■札幌5Rの新馬戦にグットディールなど
 札幌5Rは芝1200mの新馬戦。セレクトセール当歳にて5076万円で取引され、追い切りでも抜群の動きを見せたグットディールに注目したい。ほかにも、2019年の同セールにて1836万円で落札されたリオンディーズ産駒スマイルバック、北海道セレクションセールにて1760万円で落札されたモーリス産駒ハマーフェイスなどが出走する。

■地方では2重賞
 岩手・水沢競馬場では18時15分に東北優駿(岩手ダービー)、佐賀競馬場では18時05分に佐賀ユースCが行われる。

関連リンク

  • 6/13 10:06
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます