3児のパパ・ユージが太鼓判! 韓国ドラマ「ハイバイママ」は「子どもがいる家庭は特に涙が止まらなくなっちゃうと思う」

拡大画像を見る

モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、5月31日(月)~6月4日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。


ユージ、吉田明世



◆15歳まで
日本サッカー協会は、子どもの脳に悪影響を与える可能性があるとして、幼児期から15歳までの“ヘディング指導”について、初のガイドラインを発表しました。一律禁止とはせず、段階的な指導をしていくとのことです。

サッカー経験者のユージは、「僕はフォワードだったけど、別にサッカーが上手かったからではなく、背が高いからヘディング要員だった。確かに、ヘディングをしてクラッとした経験はある」と言い、「(子どもたちの)体への影響が少しでもあるなら、考えたほうがいいかもね。(成長期など)早いうちからあまりやらせないほうがいいのかも」と自身の見解を示しました。

◆トップ100のうち、女性アスリートは2人
スポーツビジネスにフォーカスしているアメリカのメディア「スポーティコ」が5月末、2021年のスポーツ選手の長者番付トップ100を発表。そのうち、女性アスリートのランクインは2人で、テニスの大坂なおみ選手がおよそ60億円で15位、同じくテニスのセリーナ・ウィリアムズ選手が約38億円で44位でした。

ちなみに1位は、総合格闘家のコナー・マクレガー選手で、およそ226億円。そんな桁違いの額に、ユージは「すごいね!」と驚いていました。

◆5月23日
国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、5月配信開始のドラマ「満足度ランキング」を発表。第1位は、5月23日(日)からNetflixで配信がスタートしている「ムーブ・トゥ・ヘブン:私は遺品整理士です」でした。遺品整理という仕事を通じて、伝えられなかった故人の想いを遺族に届けるというストーリーです。

ユージは、「面白そうだな~、これも観よう!」と興味津々。「『愛の不時着』、『梨泰院クラス』も観たけど、韓国ドラマは、やっぱり勢いがすごいね」と納得の様子。ちなみに、ユージがおすすめする韓国ドラマは「ハイバイママ」。その魅力について、「子どもがいる家庭は特に涙が止まらなくなっちゃうと思う。お母さんは死んじゃって、お父さんが子どもを育てていくんだけど、お母さんはみんなには見えないけれどそばにいるという設定のドラマ。めちゃくちゃ面白いので、もしよかったら観てください」とおすすめしていました。

◆1万1,000円
廃棄されたビニール傘を再利用し、製品を手がけるブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」。このたび、京都の帽子職人の手によって作られた世界で初となる帽子「アンブレラ バケットハット」が、1万1,000円(税込)で登場しました。

写真を見た吉田は、「シンプルでいろいろな洋服に合いそう」とデザイン性に関心を寄せます。ユージは、このような取り組みに「(ビニール傘が)使えなくなったときに、こういうバケットハットに生まれ変わったら、サステナブル精神と言うか、長く使われたものがまた(別の製品となって)使われるのはすごく素敵なこと」と評していました。

◆西暦2021年6月4日11時
日清食品のカップヌードル公式Twitterでの「さようなら、全てのフタ止めシール。#西暦2021年6月4日11時発表」というツイートが話題に。

同日11時の発表を前に、ユージは「(フタ止めシールを)めっちゃ使っているんだけど! これがなかったらやっていけないよ。僕のカップヌードルライフ、どうしたらいいのかわからない。開けるときも、フタを止めるときもコイツに頼ってきたのに……」と困惑気味。「11時に正式に発表されるけど、仮にただの『バイバイ』だったら、俺、たぶん今日泣くよ。俺の枕、ビチョビチョになるよ……マジで。俺、たまんないよ。これ、必要だもん。これまでいくつコイツをめくってきたことか」と別れを惜しんでいました。

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:ユージ、吉田明世
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

関連リンク

  • 6/13 6:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます