デンマーク代表MFエリクセンが試合中に突然倒れ込む…ピッチ上で心臓マッサージも

拡大画像を見る

 デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、12日に行われたEURO2020・グループB第1節のフィンランド戦で突然ピッチに倒れ込み、試合中断の事態となった。

 エリクセンは前半終盤の43分に左サイドでスローインを受ける際、接触もないところで突然倒れ込んだ。すぐにチームメイトが駆け寄り、医療チームを呼んだが、意識は戻らず、ピッチ上では心臓マッサージも行われていた。

 サポーターも入ったスタジアムは一転して緊迫した雰囲気に包まれた。エリクセンを囲うように立ち並んだデンマークの選手たちには回復を祈りながら涙を浮かべるものもいた。ピッチ上での治療は10分以上続き、エリクセンは担架で運び出された。

 UEFA(欧州サッカー連盟)は公式Twitterで同試合について、「医療上の緊急事態により中断されました」と発表している。

関連リンク

  • 6/13 1:55
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます