「精神的な支えになれば」ときょうだいが贈ったサポート犬に襲われ21歳女性死亡(英)

拡大画像を見る

英バーミンガムのキッツグリーンに住むケイデン・バレットさん(Kayden Barrett)の自宅で2月5日、キーラ・ラドローさん(Keira Ladlow、21)がスタッフォードシャー・ブル・テリアのミックス犬“グッチ(Gucci)”に襲われ死亡した。

キーラさんは感情が不安定で衝動的な行動が目立ち、激しい怒りや不安、空虚感に襲われる「情緒不安定性パーソナリティ障害」に苦しんでおり、事故当時はきょうだいのケイデンさんと一緒に暮らしていた。

事故から4か月が経った今月3日、バーミンガムの検死官裁判所で死因審問が行われ、事故当時の様子が明らかにされた。

それによると、すでに息絶えていたキーラさんを発見したのは仕事から帰宅したばかりのケイデンさんで、午後2時頃のことだった。キーラさんは居間でうつ伏せになって倒れており、部屋の隅にはグッチが小さくなってうずくまっていた。

グッチは昨年10月、ケイデンさんがパーソナリティ障害を抱えるキーラさんに贈った保護犬で、以前の飼い主はグッチが他の犬を噛んだため手放していた。

ケイデンさんは審問で、次のように述べた。

「グッチは人間を噛んだことはなく、僕たちきょうだいとはとてもうまくやっていました。ただ事故前夜、キーラは僕にこう言ったのです。『グッチに噛まれるような気がして怖い』とね。」

「僕は『薬を飲まないから、そんなことを考えるんだ』とキーラをなだめ、翌朝早く仕事に出かけました。その時グッチは、キーラのすぐ隣で一緒に寝ていたのです。」

「そして帰宅すると、天井から2階のシャワーの水が垂れ、キーラが血まみれで倒れていました。」

「僕はどうしていいのか分からず、パニックに陥りました。警察を呼んで事情を話しましたが、事故に責任を感じています。僕はいつもキーラを守ってきたのに…と悔やまれてなりません。」

ケイデンさんによると、グッチとキーラさんの関係は良好だったそうで、何が事故の引き金になったのかは未だに分からないという。

グッチはすでに安楽死されており、検視官助手のレベッカ・オリヴィエさん(Rebecca Ollivere)は「あの日、このような悲劇が起こるとだれが想像できたでしょう」と述べ、事件性がないことを強調した。

ちなみに飼い犬が豹変した事故は度々起きており、今年3月には米イリノイ州で1歳女児が食事中だった飼い犬に頭を噛まれて死亡、昨年6月にはブラジルで9年かけてようやく授かった生後26日の双子が飼い犬に襲われて死亡していた。

画像は『The Sun 2021年6月3日付「BROTHER’S AGONY Woman, 21, mauled to death by Staffie dog called Gucci after brother bought it to help with her mental health」(Credit: Facebook)(Credit: Rex)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 6/12 23:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • トリトン

    6/13 7:37

    なんとも言えないけど衝撃的にとか言ってるから気がたつとこの犬に殴る蹴るとかやってたのでは?守るために噛んだのでは?どちらにしても気違い女のために安楽死?可哀想に気違いは施設に入れとけや、基本犬は意味もなく襲わないよそれ用のいぬならなおさらね。(ピットブルとかはヤバイけどね)

  • 猫魔天狗

    6/13 7:18

    涎を垂らしながら奴が来そうなニュースだな。

  • 脱走兵

    6/13 6:47

    動物の本能は争いを避けるから。捕食目的以外で自分から襲う事は無い。

記事の無断転載を禁じます