痺れる担々麺を食べたくなったらここ!「175°DENO 担担麺」

拡大画像を見る

痺れる担々麺が有名な北海道「175°DENO 担担麺」。1番人気の「汁なし担担麺」を実際に食べてきました。寒い冬こそ痺れる辛さで身体を温めてみませんか。


「175°DENO 担担麺」の魅力



店主が自ら、担々麺の発祥地である中国四川省まで足を運び、こだわりぬいて完成した担々麺「175°DENO 担担麺」。

本格四川料理の技術と日本のラーメン技術を融合させた一品です。



独特な痺れは、四川省の山奥で買い付けた最高品質の「四川花椒(シセンファージャオ)を使用しているからなんです。

最高級の痺れに加え、自家製のラー油の辛味、旨味、酸味が調和します。さらに、カシューナッツの香ばしさやもちもちとした食感の平打ち麺が混ざり合い、食べれば食べるほどに食欲をそそる一品です。


痺れの強さはお好みで◎



担担麺のメニューは「汁あり」¥850(税込)と「汁なし」¥800(税込)の2種類のみ。

痺れのあり、なし、さらに、麺の痺れもあり、なしが選べるようになっています。

今回は、1番の人気メニューである汁なし担々麺の痺れあり、麺は痺れなしをチョイスしました。


いよいよ汁なし担々麺を実食!



さあ、いよいよ汁なし担々麺の登場です!

食べる前から山椒やラー油の美味しそうな香りがして、思わず唾をゴクリ。

1口目から辛さと美味しさが口の中に広がりました。

食べ進めるうちにどんどん辛く感じ、食べ終わる頃には水をいくら飲んでも痺れが続く状況でした。

辛い物好きにはたまらない、クセになる美味しさです。


<スポット情報>
175°DENO 担担麺 札幌南口店(ヒャクナナジュウゴドデノタンタンメン)
住所: 北海道札幌市中央区北4条西2-1-2 キタコートレードビル 1F
電話: 011-596-7102


東京にも上陸!


いかがでしたか。

北海道発の「175°DENO 担担麺」ですが、東京にも進出し、現在では新宿と銀座に店舗を構えています。

ぜひ、痺れる美味しさを楽しんでみてくださいね。

  • 6/12 18:56
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます