アラウホがバルサB退任の恩師にせん別メッセージ「すべてをありがとう」

拡大画像を見る

今週金曜日にFCバルセロナがガルシア・ピミエンタとの契約を解除したことには、多くの人々を驚かさた。それはフィリアルの監督と日々を共にしていた、あるいは共にした選手たちも同様である。

ピミとの別れを公にした数少ない人物の一人が、トップチームの選手であるロナルド・アラウホだった。ウルグアイ代表の一員としてコパ・アメリカが行われるブラジルにいるセンターバックは、ヨーロッパ上陸後、バルサでの「サッカーの父」と慕った人との別れをインスタグラムのストーリーに載せた。

「すべてをありがとうミステル。ユニークな哲学を持つクラブに来るのは簡単ではありませんでした。だからこそ、このようなビッグクラブであなたやスタッフから学んだ素晴らしい仕事やすべてを強調したいのです。これからの人生での成功を祈っています。本当にありがとうございました」

関連リンク

  • 6/12 11:50
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます