エムバペがPSG退団の扉を開く「パリはベストな場所なのだろうか?」

拡大画像を見る

パリ・サンジェルマンのナセル・アル=ケライフィ会長は先日、キリアン・エムバペがパリから移籍することはなく、いかなる状況でもフリートランスファーで去ることはないと断言した。しかし欧州選手権の開幕前夜、このフランス人ストライカーはパルク・デ・プランスでの継続性を宙に浮かせている。

『France Football』誌のインタビューで、PSGがキャリアを継続するのに最適な場所であるか疑問を呈している。「正しい判断をしなければならないが、これは難しいことで、自分にとって良い判断をするためにあらゆる機会を探らなければいけない。今、僕は自分の好きな場所、気分の良い場所にいるけど、ここはベストな場所なのだろうか?その答えはまだわからない」

同時にエムバペは、パリのクラブからの突然の離脱を否定している。「僕がいるプロジェクトといないプロジェクトは、PSGにとって違うものだとわかっている。彼らは僕の要求を理解しており、僕が裏切るようなことをしないのも知っているよ。偉大なプレーヤーであるためには、ピッチ上でもピッチ外でもクリーンに物事を行う必要がある」

これは退団の可能性や、将来的な退団を辞さないことへの扉を開く言葉である。SPORTでは、フロレンティーノ・ペレスがこのフランス人ストライカーを獲得するために市場の最後の最後まで諦めないことをすでに報じたが、エムバペが投じたこれらの疑問は、契約終了1年前の今夏か満了する来年夏に白いシャツを着せようとするマドリーのボスの希望を煽るものとなった。

関連リンク

  • 6/12 11:20
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます