【エプソムC】池江厩舎はアルジャンナ&シュリの2頭出し/ねぇさんのトレセン密着

拡大画像を見る

 新型コロナウイルスの影響でなかなか人と面と向かって話せない、話さない毎日が続いています。会いたい人にも全然会えませんよね…。どうしても疎遠になりがちなので、気になる方には大して用事がなくてもちょこちょこ連絡するようにしています。

 わたしにとっては池江泰郎先生もそのひとり。つい先日もちょこっとお話しましたが、とても声にハリがあってお元気そうでしたよ。

「早くみんなで会えるようになるといいね」

 何度、その言葉を言い合ったか…。ワクチン接種が進めば、その日は来るのかな?ホント待ち遠しいですね。

 さて、泰郎先生のご子息である池江泰寿師はエプソムCにアルジャンナとシュリの2頭を出走させます。どちらも人気を集めていますね。

 アルジャンナは先日、新馬戦を勝ったコマンドラインのお兄さんですね。日本ダービーは大敗しましたが、そのあとに右膝の手術をして長期休養を強いられています。復帰後の洛陽Sは5着、マイラーズCは2着と着実に復調していますね。

「前走は苦しい位置からもしっかり脚が使えたように復調していますね」と兼武助手。

 東京コースも実績がありますしね。完全復活の期待がかかります!

 もう1頭のシュリも着実にクラスを上げており、じゅうぶんに勝機でしょう。

「1ハロン伸びるのが鍵ですが、力まずに走ってくれれば」と岩崎助手。

 人気を集めていますが、やはりこの池江厩舎の2頭から狙ってみたいと思います!

(取材・文:花岡貴子)

関連リンク

  • 6/12 17:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます