能條愛未、つかこうへい作品に挑む! キャリアを深掘りして見えてきた「俳優」としての出発点とこれから【ロング・インタビュー】

 新宿・紀伊國屋ホールの改修後、演劇公演第一弾となる『新・熱海殺人事件』。これまで紀伊國屋ホールで繰り返し上演されてきた、故つかこうへい氏の名作が新演出で上演されるにあたり、婦人警官・水野朋子役で出演しているのが能條愛未さんだ。

 能條さんが所属していた乃木坂46は、かねてより舞台演劇に注力していることでも知られ、俳優として精力的に舞台出演するメンバー・元メンバーも数多い。その中でも、出演作品の幅広さと演技の安定感が際立つのが能條さんである。伝説的作品の上演にかける思い、そしてフレキシブルに活躍する俳優としてのキャリアについて、深く掘り下げてもらった。

つかこうへいの独特な世界観を楽しみながら


――紀伊國屋ホール改修後のこけら落とし公演『新・熱海殺人事件』で水野朋子役を演じておられます。つかこうへい作品のクラシックでもある『熱海~』の復刻に出演が決まったときの気持ちを教えてください。

能條愛未さん(以下、能條) 以前、別の舞台で共演した方から、つかこうへいさんの『熱海殺人事件』をやってみてほしいと言われたことがあったんです。つかさんの世界観の中で、感情を爆発させながら長台詞をしゃべる私の姿を見てみたい、と。それ以来、一度は演じたいなとなんとなく意識していたので、出演が決まった時は一方的に縁を感じました。不安よりも、どういうふうに演じようかという楽しみのほうが大きかったです。

――実際に今回の台本を読んでみて、どのような印象を持ちましたか?

能條 これ、どうやって覚えるんだろうって(笑)。今までは、そんなに意識しなくても自然と台詞が入ってきたので、あまり台本の覚え方について考えたことがなかったんですよ。でも今回は台詞の分量も多いですし、覚えるのにここまで苦戦したのは初めてです。自分の台詞だけを追っていれば覚えることはできるんですけど、相手の台詞をしっかり覚えておかないと、全体像を理解せずにただ自分が覚えた言葉を言っているだけになってしまうので。

――つか作品は台詞のテンポやテンションの高さも独特です。感情の乗せ方などに難しさを感じる部分はありますか?

能條 台本をしっかり読んでいても、正直どういう気持ちでしゃべったらいいのかわからない台詞も結構多くて。プロデューサーの岡村(俊一)さんなど周りの方に解説してもらいながら、理解を深める作業をしている感じですね。今まで出演した舞台では経験したことのないやり方というか。「なんで急にこの話の流れになったんだろう?」という部分も多いんですけど、これがつかさんの世界観なんだなと思いながら楽しんでいます。

――つか作品を多く経験されている岡村氏らスタッフの方にとっても、そうしたシーンを作る上で何が正解なのかを掴むのは難しいものなのでしょうか?

能條 正直、はっきりと「これが正解です」というものはなくて。「おそらく、こういう考え方で合ってると思うよ」という導き方ですね。一つのシーンだけとってみても、過去の上演では本当にいろんな解釈、いろんなレパートリーで行われているくらい、正解がないんですよね。あくまで私のパターン、というか今回のパターンはこうしよう、という感じで作っています。


――熱量の大きい作品ですが、日々の稽古の中でどのようにテンションを保っているのでしょうか?

能條 その日によって、どうしても自分のテンションって違いますよね。朝起きたときに、今日はすごく体がだるいなという日もある。でも、稽古が始まっちゃうとそれも吹っ飛ぶんです。やっぱり、お芝居が好きだからというのが大きいと思うんですけど。目の前のお芝居をただ全力でやって、その日のベストを毎回出したい。稽古の段階ではまだお客様が入っているわけではないですけど、スタッフの皆さんや演出家、プロデューサーの方にテンションの低いお芝居を見せるのはすごく嫌なので。

――『新・熱海殺人事件』は登場人物がたった4人とキャストの数も限られていて、舞台装置もシンプル。キャスト一人ひとりにかかる責任も大きくなると思います。

能條 その中でも、台詞の量にしてもダントツで部長(木村伝兵衛部長刑事役の荒井敦史)が一番多いんですけど、流れるように自然に台詞が出てくるので、稽古でも圧倒されますね。ここまで来るのにどれだけ大変だったんだろうって。部長役の荒井さんや、熊田留吉刑事役の多和田(任益)さんは以前にも『熱海』に出てらっしゃるので、もちろん理解度も高いですし、芝居の中での動き出しのタイミングなど、細かいところまで一つひとつヒントをくださって、とても心強いです。

――その中で、能條さんが演じる「婦人警官・水野朋子」という人物について教えてください。

能條 水野は部長のことが大好きなんです。けど、この事件の次の日に彼女は他の人と結婚してしまう。最後の捜査を、どれだけ立派な事件に仕立て上げるかがこの物語の中心になっています。水野はもう本当に部長リスペクトなので、部長の言っていることがちょっとさすがにおかしいんじゃないかという時でも味方になってあげる。自然と水野の動きが部長とシンクロしてしまったりするくらい、部長と一心同体になっている人物だと思います。

――今回、水野朋子役は向井地美音さんとのダブルキャストです。稽古で交互に演じる中で気づくことなどはありますか?

能條 たぶん、役の解釈の仕方にしても、私と美音ちゃんとではまったく違うと思います。それぞれに違う生い立ち、違う人生を歩んでいるので、それは当たり前なんですよね。お芝居って、自分の人生の中で生まれた引き出しや経験で作っていくものだと思うので。だから本当に、ここまで違うんだっていうくらい、私と美音ちゃんの演じ方や解釈は別物になっていると思います。

――水野朋子役同士で、演技について話し合うことはありますか?

能條 お芝居のことについては、一回も話したことがないんです。よく、ライバル意識はあるんですかと訊かれるんですけど、それは全然なくて。稽古でも、本当に別のものという感じで美音ちゃんのお芝居を拝見しているので、ライバルではないんですよね。別物だからこそ、私が偉そうに「ここはこうじゃない?」とか干渉するのも違うと思いますし。

――そう考えると、ダブルキャストってちょっと不思議な距離感ですよね。

能條 そうですね。本当はもう少し、お稽古以外の時間も一緒に過ごして美音ちゃんのことをもっと知れたらいいなと思うんですけど。今はなかなかそれができないから、お稽古のちょっとした空き時間で、お芝居のこと以外の話をしたりして。ダブルキャストだから、いざ本番に入っちゃうとあまり会えなくなるので。

――『新・熱海殺人事件』はダブルキャストを含めてもキャストの数はかなり限られていますが、カンパニー全体の雰囲気はいかがでしょうか?

能條 本当なら親睦会があったりして、お互いのことを知る時間があるはずなんですよね。それが自然とお芝居にも表れるものなので、本来ならその時間ってすごく大切なんですけど、今は新型コロナの影響でそれができない。でも、かといって仲良くなれていないかというと、全然そんなこともなくて。キャストの年齢がみんな近いので、変に気を使わずに話ができている。その意味では、いい雰囲気のカンパニーができてきているのかなと思います。


――能條さんの俳優としてのキャリアについてうかがいます。以前在籍されていた乃木坂46は、グループ結成初期の頃の『16人のプリンシパル』(2012~)をはじめ、舞台演劇に力を入れているグループですが、当時の活動の中で演技への意識が強くなっていったタイミングはありましたか?

能條 乃木坂46時代に出演していた舞台は、自分が好きでやっているという感覚が強かったです。もちろんお仕事なんですけど、どう評価されるか、周りから自分がどう映ってるかを気にせずに、舞台に立てるのが楽しくて幸せというシンプルな感情でした。グループを卒業して、舞台女優として本職になったタイミングで初めて恐怖心というか、私の芝居はお客さんにどう映っているんだろう、ここで結果を残せなかったら次に舞台のお仕事来るだろうか、と気になりだしてしまったんですよ。そこであらためて、この仕事の大変さや覚悟について考えさせられました。

――グループ在籍時の舞台出演でも、能條さんは『美少女戦士セーラームーン』(2018)のセーラージュピターや『少女革命ウテナ』(2018-)の天上ウテナなど、人気も歴史もあるキャラクターを背負っておられましたが、やはり怖さよりも楽しさの方が強かったですか?

能條 『ウテナ』にしても原作ファンの方がたくさん観に来てくださったので、ガッカリさせてはいけないという意味で緊張というか、しっかり原作を研究しなければとは考えていましたが、重荷を背負うという感覚はそこまでなくて、どちらかといえば楽しんでいましたね。

――その後、グループを卒業されてから、能條さんは幅広い作品に柔軟に参加されていますよね。たとえば『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』(2019)や『ポーの一族』(2021)といった大劇場のミュージカルにも出演されています。そうした作品には自然に役に入っていけましたか?

能條 いえ、やっぱりめちゃめちゃ緊張しましたね。大きな劇場でのミュージカルは、私が目指しているものなので、夢の場所に立っていることは本当にありがたいです。でも、あのキラキラした世界観の舞台が出来上がるためには、当たり前ですけど稽古もすごく大変ですし、周りの方々のレベルにも圧倒されました。私、大して実力もないのに、こんな舞台に立ちたいって気軽にいってしまっていたんだな、と。反省したというか、甘くないということを突きつけられました。

――それらのミュージカルでは、もともと宝塚歌劇団で中心的に活躍されていた方々と共演する機会も多いですよね。

能條 たとえば『ポーの一族』で共演させていただいた明日海りおさんは、普段は本当にフワフワしていて、仔羊ちゃんみたいにかわいいっていう感じなんですけど(笑)。でも本番が始まって舞台袖から拝見していると、普段の雰囲気から想像できないくらいに、ステージに立った瞬間の輝きやスター性、カリスマ性みたいなものがすごくて。本当に2次元を見ている感覚になるくらい圧倒的なオーラがあって、すごくかっこいいです。私も一応、同じ女優さんではあるので、少しでも人を圧倒させられるようなスター性やオーラを出せるようになれたらと思っています。

――そうした大劇場のミュージカルの一方、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんの名作戯曲を新たに描き直すKERA CROSSシリーズの『グッドバイ』(2020)にも出演されました。KERA戯曲の世界に入っていくのはどんな経験でしたか?

能條 演出の生瀬勝久さんからは本当にたくさんのダメ出しをいただいて、いろんなことを教えていただきました。たぶん、出演者の中で私が一番ダメ出しの数が多かったんじゃないかな。ただ本番に入って、秋元康先生が観に来てくださったときに『コメディのセンスはもともとあるんだから自信を持って』と声をかけてくださって、すごくうれしかったんです。生瀬さんからも、私にはもともとテンポや間のとり方が自然と備わっているはずだから大丈夫と言っていただいて。そういうコメディへの感覚については、周りから言われて初めて気づかされたんです。だから、この先コメディの舞台に出演する機会があれば、頑張りたいなと思いますね。

――周囲から言われるまで、ご自身ではコメディ適性についての自覚はなかったんですね。

能條 なかったですね。コメディはもちろん好きなんですけど。乃木坂46にいた当時、グループ内でなぜか「バラエティ担当」みたいな立ち位置だったんですよ。私自身はそれがまったく理解できなくて。別に面白いことも言えないし、おしゃべりも得意じゃないのにと思っていたんですけど、たぶんそういうことなんだろうなと。お芝居でコメディのセンスがあると言っていただいたのと同じように、バラエティ番組でも周りから見たら面白いことを言っていたり、変わったリアクションをとったりしていたのかな。その自覚がなかっただけで、周りの方は気づいてくださっていたんだなと思いましたね。

――周りから気づかされる中で、他にもご自身の得意分野が見えてくることはありますか?

能條 ウェットな役を任されることが多いんです。過去につらい経験があったり、コンプレックスがあって周りの目を気にしてしまったりという役どころが、なぜか続いたりするんですよね。私自身のイメージは、どちらかといえばサバサバしてたりおもしろ系に見られているのかなと思っていたんですけど、不思議と悲しさのある役を演じることが多くて。それもまた自分で気づいていなかっただけで、もしかしたら陰のあるお芝居が得意ということなのかもしれません。

――それらウェットな役に対して、自然にご自分を投影できたりしますか?

能條 私自身、自信がなくてコンプレックスがあってマイナス思考で、という部分があるので、自然と理解できるのかなと思います。『ポーの一族』で演じたジェインという役でいえば、裕福な家庭で父親の陰に隠れて地味に育ってしまって、自信もなくてコンプレックスばかりという人物でした。そして裕福ゆえにお金持ちのパートナーと結婚させられて、周りからはひがまれてしまうという役どころ。周りの目を気にしたり自信がなかったりというのは、私自身の根っこの部分で備わっているので、そんなジェインのことも、すぐに理解できました。

――その適性もやはり、そうした役柄を求められる中でわかってくることでしょうか?

能條 そうです、わかってくる。だからやっぱり、自分がやりたいことと、本当に自分が向いてることもまた違うんだなと思いますね。


――この先、俳優としてこんな作品に出てみたい、もしくはこういう俳優になりたいといった理想像はありますか?

能條 こだわらずに、いろんな挑戦をしてみたいというのが大きいですね。もちろん、帝国劇場に立ちたいといった具体的な目標はあります。ただ、今はどちらかといえば、「こういう女優さんになりたい!」というよりも、もっといろんな自分を知りたい。たとえば、私はほとんど映像の芝居をやったことがないので、映像作品での自分の芝居も知りたいですし。『ポーの一族』のようなミュージカルもやりつつ、いろんな場所で自分の与えられた役割をしっかり果たせる女優さんになりたいですね。

――この一年ほどは新型コロナウイルスの感染拡大もあり、ライブ型のエンターテインメントも困難な状況が続いています。気持ちをどのように保つかも難しかったのではないでしょうか?

能條 そうですね。私も昨年、出演する舞台が中止になってしまって、本当に悔しい思いをしました。周りにいる友人たちの公演も立て続けに中止になっていって、どこにぶつけていいかわからない怒りが込み上げるという経験を、みんながしていたはずです。本当に深刻な状況ですけど、自分だけではないと思えたからこそ、変に気を病むことなく乗り越えられたのかなと思います。

――そんな中、舞台演劇は比較的、感染防止策が整ったこともあり、お客さんを入れての公演ができるようになってきました。

能條 いまだに大変な状況ですが、その中でもお客様の目の前でお芝居ができた時には、そのことがこんなに幸せだったんだと感じました。こういう困難なことがあったからこそ、よりその幸せを実感します。こうやって舞台ができることを、当たり前だと思ってはいけないんだとあらためて学びました。

――今回出演される『新・熱海殺人事件』も、お客さんの目の前でお芝居ができる機会となります。あらためて、本作では能條さんのどのようなところを見てほしいですか?

能條 事務所を移籍してから初めての舞台になるので、本番に対する意気込みが今までとは少し違う感覚があります。紀伊國屋ホールの改修後のこけら落とし公演というありがたいタイミングでもありますし、私自身、これから女優さんというお仕事をどれだけ一生懸命頑張っていきたいかという思いをしっかりお客様に届けたいです。今回の舞台、ぜひ観てほしいなと思いますね。

『新・熱海殺人事件』

作 :つかこうへい演出:中江功(フジテレビジョン)
出演:荒井敦史/多和田任益/能條愛未・向井地美音(AKB48)/三浦海里・松村龍之介/愛原実花
会場:東京・紀伊國屋ホール
公演期間:2021年6月10日(木)~21日(月)
●チケット一般発売 2021年5月22日(土)AM10:00~
●チケット料金 7,500円(税込/全席指定)公演パンフレット
・クリアファイル付き10,000円(税込/全席指定)公演パンフレット
・クリアファイルは、当日劇場にてお渡しいたします。

●チケットお取り扱い
ローソンチケット:※PC/スマートフォン共通ローソン、ミニストップ店内端末「Loppi」(直接購入可能)Lコード:32280
イープラス:ファミリーマート店内端末「Famiポート」(直接購入可能)
チケットぴあ:※PC/スマートフォン共通チケットぴあ店舗、セブン-イレブン店内端末(直接購入可能)Pコード:506-576
紀伊國屋ホールキノチケットカウンター(紀伊國屋書店新宿本店5階/店頭販売のみ10:00~18:30)キノチケオンライン

公式HP
お問い合わせ:Mitt 03-6265-3201(平日12:00~17:00)
提携:紀伊國屋書店
制作:つかこうへい事務所
制作協力:ゴーチ・ブラザーズ
主催・ 企画・製作:アール・ユー・ピー

  • 6/12 13:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます