ロンブー淳、芸能人ナンパ、渋谷で拉致、交際女性段ボール詰め…危ないヤンチャエピソード

拡大画像を見る

 6月8日放送の『内村&さまぁ~ずの初出しトークバラエティ笑いダネ』(日本テレビ系)で、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(47)の若い頃の破天荒ぶりが明らかになった。

 今回、淳は品川庄司の2人とともに登場。3人は、吉本が銀座に出していた劇場、銀座7丁目劇場時代からのつきあいで、当時同劇場には彼らの他にペナルティ、ココリコ、極楽とんぼらが出演していたという。品川庄司の庄司智春(45)は、淳について「NSC卒業してから銀座7丁目劇場に出るようになって、初めてお世話になった先輩」と説明し、品川祐(49)も当時の淳について「スターです。すごいスターです」と褒めちぎった。

 特に庄司と淳は、極楽とんぼの山本圭壱(53)を中心とした「軍団山本」のメンバーでよく一緒にいたといい、庄司は当時、淳のために「ナンパロケット隊長」として、淳が街で気に入った女性に声をかける役をしていたと告白。

 庄司が、そうしてゲットした女性の連絡先を淳に献上していたと続けると、淳は「ゲスいな~!」と自虐気味に笑ったが、さまぁ~ず三村マサカズ(54)は「そういう時代だったもんね」「昔は当たり前だった」と理解を示した。

 あるとき、渋谷で庄司がいつものように淳の車に乗り込んでナンパ相手を探していたところ、スクランブル交差点を現在の妻である藤本美貴(36)が通りがかったという。それを目ざとく見つけた淳は、「おまえ追っかけろ」と指示。その後、藤本の連絡先を手に入れた庄司は、いつもなら淳に連絡先を渡すところ「なぜか僕が連絡を取るようになって」と振り返り、淳に恋愛相談をして交際に発展、結婚にまでいたったという。

 このようにナンパ三昧だった淳だが、ナンパ中にとんでもないトラブルに見舞われたこともあるという。

 淳は、渋谷でいつものようにナンパしていたところ「バンに乗せられて渋谷で拉致られた」と驚きの告白。淳は「チーマーみたいなやつらに拉致られて、で、そのままどっか連れてかれたんです」と振り返り、「車の中で“おまえアレだよな? テレビ出てるやつだよな?”って、“おまえ、なんか(バンに)乗ってくれんだなぁ!”って言われて」と続けた。

■交際女性を段ボール詰めにして…

 内村光良(56)や三村が「だってさらわれたんでしょ」と驚くと、淳もうなずき、「“抵抗しなかったよな!”って言われて、抗ってもパワーすごかったんでっていう話をして」「なんか話しやすいなみたいな感じで仲良くなって降ろしてもらったんです」と衝撃の顛末を語った。

 ナンパをしまくり、ナンパするときはあえて目立つ格好をしていたが、交際している女性とのプライベートは、写真週刊誌に撮られたくなかったために警戒していたという淳。

 当時、そんな思いから思いついたのが、庄司に宅配配送員の格好をさせ、交際相手を段ボール箱に入れて「家まで運んでもらったことがある」と明かした。庄司は「その方がちょっと天然な感じだったんで、“淳さんに会いたい”っていう気持ちが強すぎて、段ボールから出てダンボール持って歩いたりっていう」と、段ボールから足だけ出した状態で歩いたという面白エピソードも暴露し、内村らを爆笑させていた。

 淳は、若い頃とにかく女性関係も派手だったようで、今年4月放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)では、貧乏時代に住んでいた物件めぐりながら、そこで当時つきあっていた女性とのトラブルを告白していた。

 淳は、女性にとって浮気相手だったそうで、女性の彼氏が淳の家の前に街宣車で乗りつけ、淳は事務所に連れていかれたという。相手の男性から問い詰められている最中に淳の携帯が鳴ったが、淳がポケットの中で着信を切ったところ、「おまえ、ちゃんと人としてできてるな」と許してもらえたというが、なんとも衝撃的なエピソードだ。

 今では良き夫、良き父親というイメージも定着してきた淳、今があるのもその頃があるからこそ!?

関連リンク

  • 6/12 12:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます