「うざい」ではありません。“やかましい”を示す「煩い」の読み方、知っていますか?

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/228141/ )

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「煩い」です。

「煩い」の読み方は?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/228141/ )

「煩」は「煩雑(はんざつ)」「煩悩(ぼんのう)」「煩わしい(わずらわしい)」などの言葉に用いられる漢字です。「煩」につく送り仮名が「〜わしい」であれば「わずらわしい」と読めますが、本記事で出題したのは「煩い」。

「煩雑」や「煩悩」の読みを活かして「はんい」「ぼんい」と読むのは間違いです。

「煩い」には2つ読みがありますが、本記事で出題している読みは

1 物音が大きすぎて耳障りである。やかましい。
2 注文や主張や批評などが多すぎてわずらわしく感じられる。細かくて、口やかましい。3 どこまでもつきまとって、邪魔でわずらわしい。また、ものがたくさんありすぎて不愉快なさまにもいう。しつこい。
4 いやになるほどにすぐれている。
5 いやになるほどに、こまごまといきとどいている。
6 技芸がすぐれている。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

さて、上記の意味を表す「煩い」の読み方は……。

正解は……

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/228141/ )

「うるさい」です。

なお

1 (煩い)悩むこと。また、そのもととなるもの。苦労。心配。
2 (患い)病気。やまい。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味する場合には「わずらい」と読みます。

「煩」は二つの漢字を組み合わせてその意味を表す会意文字で、頭を表す「頁」と「火(熱)」から成ります。「煩」は熱があって頭痛がする様を表しており、そこから発展して、なやむ、わずらう、苦しむなどの意味を表すようになりました。

ちなみに「煩」の読みは

音読み ハン・ボン 訓読み わずら(う)・わずら(わす)(常用漢字表外)うるさ(い)

です。

「煩い(うるさい)」は、新聞、雑誌、放送などで用いられる漢字の目安(常用漢字)には含まれていない表現ではありますが、もし目にする機会があったら、本記事を思い出していただけると幸いです。

関連リンク

  • 6/12 2:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます