ドラマ『サ道』の新シーズン放送が決定! 「ディスタンスと継承」をテーマにコロナ禍のサウナ事情を描く

拡大画像を見る

2019年7月期にテレビ東京系で放送されていた深夜ドラマ『サ道』がこの夏カムバック。再び “連続ドラマ” として放送されることになりましたよ~!

サウナーが増えるきっかけともなった同作。

主人公・ナカタアツロウを演じる原田泰造さんはじめ、おなじみのキャストたちも再集結するらしく、今から放送が待ち切れな~い!

【テーマは「ディスタンスと継承」】

2021年7月9日から「ドラマ25(※毎週金曜深夜0時52分から放送)」枠で放送されることになった『サ道 2021』。

新シーズンには、原田さんのほか、サウナ仲間「偶然さん」を演じる三宅弘城さんと、若手サウナー「イケメン蒸し男」を演じる磯村勇斗さんも出演。

「ディスタンスと継承」をテーマに、コロナ禍で再認識させられた「距離」と、それらを超えて「受け継がれていくもの」を描いていくといいます。

【コロナ禍でのサウナ解禁…3人は何を思う?】

物語の舞台は、新型コロナの影響で、以前とはすっかり変わってしまった現在

新しい生活に慣れ始めたナカタ・偶然さん・イケメン蒸し男が、自粛していたサウナ生活を再開するところから幕を開けます。

新型コロナウイルス対策により、サウナーのあいだでも新しい常識が生まれ、いつしか “黙浴” や “ソーシャルディスタンス” がスタンダードに……。

そんな中、久しぶりになじみの「サウナ北欧」に集まった3人は、果たして何を語るのでしょうか。

【出演者も喜びを爆発!】

『サ道』ファンにとっては待望の新シーズンスタート。出演者のみなさんも思いは同じだったようで、

原田さん:「待ってましたぁー! どこのサウナ施設に行くのか、どんなサ飯が出てくるのか、偶然さんや蒸し男くんとどんな話が出来るのか、皆さんも是非一緒にととのいましょー!」

三宅さん:「もう待ちに待ってましたよ! わたしなんかね、このお話を聞いた時点で、もうととのってましたからね」

磯村さん:「嬉しいです。サウナ師匠お2人とまたととのいの世界を共有する事が出来ると思うと既にととのいそうです」

とコメントを発表。喜びを爆発させるばかりか、すでに2名ほど「ととのって」しまっているようです。

ドラマ『サ道』は、 “サウナの伝道漫画” こと、タナカカツキ原作『マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~』(講談社モーニング KC 刊)の実写版。

前回の連ドラ放送時もサウナブームを巻き起こしたので、今回もサウナーが増える予感~!

参照元:テレビ東京、Instagram @sado_prsauna、Twitter @sado_PRsauna、プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch
Photo:©「サ道2021」製作委員会

関連リンク

  • 6/12 7:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます