羽生善治九段が菅田将暉の後輩?剛腕妻・畠田理恵の「うさぎ特化SNS」!

拡大画像を見る

 藤井聡太二冠(18)の登場により、あらためて棋界に注目が集まる中、羽生善治九段(50)の環境にも、最近になって大きな変化があった。

 5月21日、羽生九段が芸能事務所・トップコートと業務提携することが発表されたのだ。同社には木村佳乃(45)、中村倫也(34)、菅田将暉(28)、松坂桃李(32)、佐々木希(33)といった、人気女優、俳優が多数所属している。

 6月10日発売の『週刊新潮』(新潮社)では、将棋以外のCMや広告、イベントなどの仕事はトップコートが扱うこととなると報じている。

 これまでは、羽生九段本人が将棋以外の仕事を受けるかどうか判断していたが、年々、本業以外の案件に割かれる時間が増えていき、それが負担になっていたという。

「そこで芸能事務所と提携することになったといいますが、トップコートを提携先として選んだのは、同社に所属する杏さん(35)と羽生夫人で元アイドルの理恵さん(旧姓・畠田理恵)(50)が親しいからだったと『週刊新潮』では伝えています。

 自身の芸能界のつながりから有力事務所を夫に紹介するとは、畠田さんはかなりのやり手と言えるかもしれませんね」(ワイドショー関係者)

 杏と理恵さんの2人はLINEでやりとりする仲で、理恵さんのツイッターにも杏の話題がたびたび登場する。また、2016年公開の映画『聖の青春』で、杏の元夫の東出昌大(33)が羽生九段を演じたという縁もあったようだ。

■畠田さんは「うさぎファース党」!?

 羽生九段と理恵さんは1996年3月に結婚。1997年7月に第1子となる女児を、1999年11月には第2子の女児をもうけている。

「理恵さんは羽生九段との結婚を機に芸能界から引退しています。ただ、それ以前は雑誌のグラビアモデルやアイドル歌手として活動。その後は女優に転向し、1990年から91年に放送されたNHK連続テレビ小説『京、ふたり』でダブルヒロインの1人に抜擢されるなど、活躍されていました。

 結婚後は羽生九段のサポートに徹しているのでしょうが、プライベートではウサギに夢中なようです」(前出のワイドショー関係者)

 理恵さんのツイッターのユーザー名は「Rie Habu うさぎファース党」だというから、相当なウサギ好きなのだろう。

「ツイッターやインスタグラムにはほぼウサギの画像が投稿されていて、たまに飼い犬の画像が混じるぐらい。ツイッターでは羽生九段の情報なども投稿していますが、インスタに至っては9割がウサギで、夫の羽生九段は2016年12月にイラストで1度登場しただけなんです(笑)。

 本業の将棋では真剣な表情で対局に臨む羽生九段ですが、自宅ではウサギや犬に囲まれ、穏やかな表情をしていることのほうが多かったりするのかもしれませんね」(前同)

 理恵さんは、夫以上にウサギを溺愛しているのかも!?

関連リンク

  • 6/12 9:43
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます