若きトキコ“苦渋の決断”…松岡茉優と富田靖子の演技に絶賛の声も「生きるとか死ぬとか父親とか」10話

拡大画像を見る

吉田羊主演、國村隼らが共演する「生きるとか死ぬとか父親とか」10話が6月11日深夜放送。若きトキコの“苦渋の決断”に様々な反応が上がり、若き日のトキコを演じる松岡茉優とトキコの母役の富田靖子の演技にも絶賛の声が送られている。

本作はラジオパーソナリティー・コラムニスト・作詞家と多彩な顔で知られるジェーン・スーさん自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリーをドラマ化したもの。

20年前ガンで母を亡くし、今は父・哲也の面倒を見ながらコラムニストをしている蒲原トキコを吉田さんが、昔は破天荒な人生を歩み、事業をしていたが失敗、今はすっかり丸くなった父・哲也を國村さんが、哲也が肝炎で入院、その介護をしているさなかに、母にガンが見つかった20代の頃のトキコを松岡さんが、20年前に亡くなったトキコの母に富田靖子といったキャストが出演する。

20年前、C型肝炎で哲也が入院していた頃、母にガンが見つかり手術することに。哲也だけなく母も入院することになって、トキコが病床の哲也に母がガンだと伝えると、それを聞いた哲也の心は壊れてしまう。母の手術が終わったことを哲也に伝えるためお見舞いに行くと、病室には母の嫌いな“赤い花”が飾ってあった。母と別の女性が父を見舞ったことに怒るトキコ…母の記憶が風化していることに気づいたトキコは母のありのままをエッセイに書こうと決意する…というのが前回のストーリー。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
そしてトキコは哲也に、今まで書いてきた母の姿は“自分と哲也が作り上げてきた理想の母”だと告げ、人間として苦しんだりさらけ出してくれた部分も書くと伝える。


そこから物語は再び20年前のトキコの記憶に。手術が終わった母だが治りが悪く、トキコは会社を休職して病院に寝泊まりし母を介護する日々を送る。そんななか、哲也が夜中、病院の屋上から飛び降りようとする。後を追った看護師が止め、哲也は一命をとりとめるが、哲也の病院から泊まり込みで看病して欲しいと言われてしまうトキコ。

事態を1人で抱えることに限界を感じたトキコは、父のベッドに“赤い花”を飾った「あの人」を頼るしかないと苦渋の決断をする。電話で連絡を受けたその女性はトキコに「私を頼ってくれて、ありがとう」と感謝するのだが、トキコは内心で“あの人は娘に認められたと思っただろう、でも認めたわけじゃない、他に頼れる人がいなかっただけ。私は無力だった…”と、当時を回想し悔やむ…というのが今回の物語。


明かされたトキコの過去に、「先週に続いて今週も、胸抉られる。息するのも痛いくらい、胸にズシンとくる。見終わった後、気持ちを日常に戻すのに軽く時間がかかってしまう」「両親二人とも入院して一人っ子のトキ子が手を借りたのが主人公が一番嫌な相手でそれは手を借りるのはつらいしヘビー過ぎる」などの声が上がる。

また当時のトキコの状況に「祖母1人の介護を母と娘2人の3人がかりでするのも大変だったから両親をたった1人で面倒みるのは不可能だと思う…猫の手も借りたいって言うけどあの状況なら仕方ないが悔しい…観ていて辛くて悲しくて泣いた」「自分のところは亡両親、同じ病院に同時入院、父の方が先に逝った。が、他の周辺事情は共通する部分も多く、共感も一言では言いきれぬ」という反応も。

「前回から深刻さが増して・・。富田靖子・松岡茉優を配したわけがやっとわかってきた。」「富田靖子さんや松岡茉優さんの抑えた演技に引き込まれてしまった。」など、松岡さんと富田さんの演技にも絶賛の声が集まっている。

(笠緒)

関連リンク

  • 6/12 9:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます