4Kや有線LAN対応で強化されたPro版はE3で発表!? 出ては消える噂の新型Switch登場か?

拡大画像を見る

 新型コロナウイルスの影響で、各種ゲームイベントがオンラインでの開催にシフトしている。世界最大級のゲームエキスポともいえるE3(Electronic Entertainment Expo)も、2020年に続きオンラインでの開催が決まっている。

 このE3に合わせて、かねてから出ては消えを繰り返しているNintendo Switch Proの発表がされるのでは? という話が現実味を帯びてきている。
E3に合わせて噂のSwitch Proがお目見え!?

 今年のE3は、現地時間の6月12日~15日(日本時間:6月13日~16日)の4日間に渡って行われるゲームイベント。コロナ禍前まではロサンゼルスにあるコンベンションセンターにてオフラインで行われており、世界各国のゲーム業界関係者が駆けつけるビッグイベントでもあった。

 今年もオンライン開催とはいえ、カプコン、KONAMIなどの大手ゲームメーカーの参加も決まっており、その発表内容に注目が集まっている。その中でも、ひときわ期待が高まっているのが任天堂だ。

 任天堂はE3に合わせて、現行Switchの上位版とも言えるSwitch Proを発表するのではないかと噂されている。2017年3月に発売が開始された現行Switchは登場から4年が経過しており、上位版が登場してもおかしくない。

 この噂は以前から出ていたものの、ここまでは発表には至っていない。しかし、今回は現実味がありそうだ。

 というのは、先月にメキシコのアマゾンに「New Nintendo Switch Pro」という名称で商品が一時的に掲載されたからだ。現在は削除されているこの掲載は、あやしげな通販サイトではなくアマゾンだったということもあって、ついに来るか! と一気に期待が高まっている。

 また、6月に入ってからは、経済メディアのフォーブスでもSwitch Proの発表について報道されるなど、情報戦が加熱してきている。

 現在、ネット上で噂になっている情報をまとめると、このような内容だ。

・あくまでSwitch Proという名称は仮のもの
・4K対応(ドック接続時)
・画面が有機パネル化(現行機は液晶)
・有線LANポートを実装
・発売は2021年の年末商戦時期

 ゲーマーにとって名称については些末的なことなのでいいとして、これらの噂が事実だとしたら、機能面ではパワーアップすることになる。

 まず4K対応についてだが、競合プラットフォームの動向を見る限り、必要不可欠ともいえる強化だろう。競合の現行機であるPS5や新型Xboxは、どちらも4K対応を売りにしている。今年に入ってからは、両機の4Kパワーを活かすことができる液晶・有機TVも市場に投入されてきており、タイミングとしては申し分ない。

 また、Switchは現行機においても携帯してゲームができることがセールスポイントの1つだが、この画面が液晶パネルから有機ELパネル化され、より美しい画面体験ができるという話も。

 加えて、『フォートナイト』をはじめとするオンライン対戦ゲームが急増している現在、有線LANポートの実装はちょっとでも遅延をなくしたいゲーマーには朗報だ。

 気になる発売時期についてだが、今回発表されるなら今年の年末商戦時期が最速というのが大方の予想だ。また、現行機の併売については意見が分かれるところだが、過去のPS4と同じ用に安価な通常版と強化版Pro版という位置づけで併売されるのではないだろうかと予想する。

 任天堂は今年のE3会期に合わせる形で、E3 Nintendo Directの配信(日本時間:6月15日の25:00)を発表した。このE3 Nintendo Directでは、ゲームタイトルの情報が発表されることが告知されている(スマホタイトルの情報はない模様)。その中でも期待したいのが、『ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド続編』の情報。世界的にも評価の高い同作は、続編の制作が発表されており、その動向に注目が集まっている。

 今回の配信は、日本では深夜帯の時間ではあるがリアルタイムで確認したい。もともとゲームラインナップが強力な任天堂であることに加えて、Switch Pro発表の期待が高まっているおり、ゲーマーにとっては目が離せない40分になりそうだ。

  • 6/12 6:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます