霜降り・粗品「まな板事件」勃発!!松本人志コント特番でバレる『新しいカギ』のハリボテ!

拡大画像を見る

 フジテレビを“社運を賭けた”と言われる新番組『新しいカギ』が4月23日にスタートしてからもうすぐ2か月。

 同番組はコントを中心した総合お笑いバラエティ番組で、チョコレートプラネット、霜降り明星、ハナコという若者世代から絶大な支持を集める3組が出演するということもあり、放送前から注目が集まっていた。

 しかし、これまで4月23日、5月14日、5月28日と3回放送されてきたものの、初回の世帯視聴率は4.7%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、2回目は5.1%、3回目は4.8%とゴールデン帯の番組としては極めて低い水準にとどまっている。

 そんな中、6月12日にはTBSで特番『キングオブコントの会』が19時から3時間スペシャルとして放送される。同番組ではダウンタウンの松本人志(58)が20年ぶりに民放でテレビコントを披露することも明らかになり、大いに話題を呼んでいる。

『キングオブコントの会』の出演者には松本を筆頭に、さまぁ~ず、バナナマン、そして『キングオブコント』の歴代チャンピオンである東京03(2009年優勝)、ロバート(2011年優勝)、バイきんぐ(2012年優勝)、シソンヌ(2014年優勝)、ライス(2016年優勝)、ハナコ(2018年優勝)、さらにファイナリスト経験者のチョコレートプラネット、ジャングルポケット、ロッチ、さらば青春の光が一堂に会する。

■『キングオブコントの会』で『新しいカギ』のつまらなさが明らかに!?

 松本はバイきんぐの小峠英二(45)との2人コント「管理人」と、東京03の飯塚悟志(48)、ロッチのコカドケンタロウ(42)、ハナコの秋山寛貴(29)ら総勢10人で「おめでとう」というコントを披露するという。

 収録を終え、松本は「みんなが作ったコントを見ていて、やっぱりプロってすごいなって思いました。自作のコントも悪くはなかったんじゃないかと思います」とコメント。

 さらに「昨今の芸人さんたちは、知らない間にどんどん力を付けていっていて、コントも日々面白くなっています。うれしい反面、焦りも芽生えて複雑でした」と後輩芸人の面白さに焦りも感じたと率直に語ったのだ。

「番組は各々が作ったコントをスタジオに集まった松本さんをはじめとする出演者が鑑賞して、さまざまコメントをするような内容になるそうです。そして松本さんはコメントでも出したように、後輩芸人の作ったコントが面白く、本当に焦りを感じたといいます。

『キングオブコントの会』のコントは基本的に芸人と放送作家が一緒になって考えたものです。『新しいカギ』メンバーのチョコプラの長田庄平(41)と松尾駿(38)、ハナコの秋山、岡部大(32)、菊田竜大(33)も出演していますが、彼らのコントもいい仕上がりだそう。一方、『新しいカギ』のコントは基本的に放送作家が考えている。

 つまり、『キングオブコントの会』のチョコプラ、ハナコのコントが“めちゃくちゃ面白い”、さらに視聴率もいいとなれば、『新しいカギ』との差が顕著になってしまう。チョコプラやハナコが面白くないのではなくて、『新しいカギ』が面白くない、ということが証明されてしまう、ということなんです」(民放キー局ディレクター)

■“古き良きフジの笑い”にスタッフはシラけムード

『キングオブコントの会』によりメッキがはがれる可能性もありそうな『新しいカギ』だが、内部でも問題が噴出しているという。前出の民放キー局ディレクターが続ける。

「番組上層部は“古き良きフジテレビのお笑いをやりたい”という意向だというんです。その最たる例がエンディング前に設けられた、チョコプラの松尾が番組プロデューサーの中嶋優一氏に扮して、番組を総括するコーナーですよね」

 フジテレビを代表するバラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』では、とんねるずの石橋貴明(59)と木梨憲武(59)が、また『めちゃ×2 イケてるッ!』でもナインティナインの岡村隆史(50)が名物プロデューサーに扮するコントがあった。

「フジテレビ伝統の内輪ウケのスタッフモノマネです。ただ、最近はどこの局でもそういったコントはやりませんし、フジテレビでもここ数年はありませんでした。ただ、『新しいカギ』の上層部には、そういった古き良きフジテレビのお笑いを復活させたいという意向がある。

 その上層部の意向が“新しいことをやっていきたい”というスタッフにも伝わってしまっているそうです。“『新しいカギ』っていうタイトルだけど、新しい笑いはやらないのね”と、スタッフのテンションが落ちてきているといいますね」(前同)

 もう1つの問題が、出演者が多忙すぎる点だという。

 3年前に惜しまれつつ終わったフジテレビの伝説的バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(『めちゃイケ)は、基本的に毎週火曜日と水曜日の2日間、キャストを“拘束”して収録を行っていた。

「『めちゃイケ』がスタートした当初、ナイナイ、武田真治(48)、雛形あきこ(43)以外はほぼ無名でスケジュールも確保しやすかった。一方、『新しいカギ』はすでに出演者が売れていて、多忙を極めています。そのため、しっかりと打ち合わせができないまま、本番に臨むということも少なくないそうです」(同)

■“まな板事件”勃発で2時間待ち……

 そんな中、ある事件が起こったという。お笑いプロ関係者が話す。

「2回目の放送で『焼肉ソシナ』というトークコーナーが設けられたんです。実家が焼肉店を営んでいる霜降りの粗品さん(28)が、実際に肉をさばいて、ゲストにリクエストされた焼肉を振る舞いながらトークを展開するというコーナーでした。

 ゲストに小池栄子さん(40)を迎え、粗品さんが肉の知識を披露するなど、オンエアではトークが盛り上がっていましたね。しかし、このコーナーの収録前に、驚きの“事件”が起きていたんです」

 粗品は笑いへのこだわりが非常に強く、スタッフにも高いレベルの要求をして、衝突することもたびたびあるという。そんな粗品ゆえの事件が起こってしまったというのだ。

「“まな板事件”が勃発してしまったんです。粗品さんが当日スタジオ入りし、まな板をチェックしたところ、リクエスト通り、実家の焼肉店が使っているのと同じような大きなまな板が用意されていた。粗品さんも“これでOKです”とご満悦だったそうですが、本番に臨む前にスタッフが気を利かせて、まな板を洗剤で洗ってしまったんです。

 これに粗品さんが“ちょいちょいちょいちょい! 何やってるの!?”と声を上げ、“焼肉屋で肉を切るまな板を洗剤で洗うなんてありえない! こんなまな板は使えない、新しいのを用意して!”となったんです」(前同)

 コロナ禍の今、少しでも感染リスクを減らそうという思いがスタッフにはあったのかもしれない。また、焼肉店の“常識”は持ち合わせてはいなかったのだろう。周囲は「視聴者には伝わらないことなので、なんとかこのままやらせてほしい」となだめたものの、ディテールにこだわりたい粗品の意見は変わらず、スタッフが急きょ新しいまな板を買いに行くことになったという。

「“まな板待ち”で2時間、コントの収録が止まってしまったといいます。ちょっと普通では考えにくい事態ですよね。そもそも、多忙なメンバーが集まっている番組にもかかわらず、まな板のために2時間も待たされるとなれば、ますます空気はピリついてしまう。

“まな板事件”は粗品さんのこだわりで起きてしまったわけですが、出演者が忙しすぎて、事前打ち合わせがしっかりできず、ぶっつけ本番になることもあるといい、今後もこういったアクシデントは出てくる可能性は高い。加えて、スタッフのテンションも落ちつつある……『新しいカギ』は早くも、崩壊に向かいつつあるのかもしれません」(前同)

 始まったばかりの『新しいカギ』、なんとか危機を脱却し、ゲラゲラ笑えるコントを数多く見せてほしいところだが――。

関連リンク

  • 6/12 8:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます