キスマイ千賀健永は千鳥の“オキニ”になれるか?「こざかしい」ネタに猛ツッコミ

拡大画像を見る

 6月8日放送の『相席食堂』(テレビ朝日系)に、Kis-My-Ft2の千賀健永(30)が出演。ロケで微妙なネタを連発し、番組MCを務める千鳥からダメ出しされる場面があった。

 この番組は朝日放送制作の関西ローカル番組で、今回は2度めのゴールデン・全国放送の特別番組。ロケでのスタッフのむちゃ振りや、悪意あるVTR編集が基本で、微妙な出来のロケ映像に千鳥が入れるツッコみがメインとなる、“いじり番組”だ。

 それを知ってか知らずか、千賀は埼玉県の長瀞を旅したVTRの冒頭、“ジャニーズイチ”の千鳥ファンだと言うと、千賀は「千鳥さん最高ですね。千鳥さん大好きなんですよ」と“千鳥愛”を炸裂。さらに「千鳥さんに僕のこと知ってもらいたい」と、今回のロケにかける意気込みを猛アピールした。

 そんな中、千賀がローラースケートで華麗に走り出したところ、スタジオでVTRを見ていた千鳥のノブ(41)や大悟(41)は「今のはだいぶ技術点入りましたよ」「カメラさんとの息もピッタシ」とその奇抜なパフォーマンスを大絶賛。千鳥からの評価は一気に高まったが、その後のロケ先で、千賀は微妙なネタを連発する。

 まず、最初に千賀は地元の食堂を訪問。名物のうどんに舌鼓を打つ千賀に、刑事ドラマが好きだという女性店員がドラマへの出演をリクエストしたところ、千賀は「いや~、(ドラマのオファーが)ぜんぜん来ないんですもん。30になってこんなにドラマが来ないジャニーズ、なかなかいないですよ」と愚痴をこぼした。

■スベりまくるも番組的にはアリ

 すると、何を思ったのか、千賀は「ここで1回演技をしてみるので見てもらっていいですか?」と切り出し、『警視庁・捜査一課長』の演技を披露。だが、その演技が微妙だったうえに、なんのオチもなかったことから、ノブは「ぶった切れ、こんなシーンは!」と番組スタッフに苦言を呈した。

 続いて訪れたかき氷店でも、ローラースケート姿の千賀は「おお~、(床が)すっごいすべる!」と慌てる素振りを見せると、「下(床)も氷じゃないですよね」と微妙なボケを披露。しかしながら、それが店員たちにはまったくウケず、ノブから「こざかしい」と今度は冷静にツッコまれていた。

 そして、かき氷を食べ始める中、千賀は「ジャニーズとか好きだったりしますか?」と若い女性店員に質問。それに対し、「キンプリ」と答える女性店員に、千賀が「ぶっちゃけ言うと、カッコいい人ももちろんステキだし、人気も高いけど、結局、面白いやつが1番いいやつですよ」と諭したところ、大悟は「今のおまえが言っちゃダメよ」と画面越しにツッコんでいた。

 千賀本人としては不本意なVTRだったかもしれないが、しっかり各所でツッコまれており、千鳥も満足の出来だったようだ。かねてよりバラエティ番組に力を入れている千賀だが、バラエティ番組を席巻している千鳥のお気に入りになれれば、さらなるステップアップができるかも?

関連リンク

  • 6/12 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます