終わりが近づく!遠距離カップルが【別れる前の兆候】って?

拡大画像を見る

遠距離恋愛は、相手の変化が分からないので別れたいサインが出ていても気付かないことが多いです。気付けずにそのまま生活していて、急に別れを告げられてビックリすることもあるでしょう。
自分はまだ好きなのに、相手から別れを告げられるとショックを受けますよね。早く気付けていたらと後悔することもあるでしょう。そこで、遠距離カップルが別れる前の兆候について紹介します。


電話が減る

遠距離カップルはなかなか会えないために、頻繁に電話をすることが多いです。なかなか顔を合わせることもできないため、テレビ電話をすることも多いでしょう。しかし、別れる前には電話の頻度が減ります。
相手が何をしているか興味が湧かないために、電話をしようと思いません。好きなときに返事のできるLINEだけでコミュニケーションを取るようになり、声を聞くことがなくなるのです。


忙しいが口癖

別れる前は、忙しいという言葉が口癖のようになります。相手との接触を避けるために、忙しいアピールをして連絡頻度を減らそうとするのです。
ラブラブなときは忙しくても相手と連絡を取ることで癒されます。そのため、忙しくても欠かさずに連絡を取ろうとします。相手との連絡が面倒になってきているので、フェードアウトしようとしているのです。


異性関係を心配しない

グループの集まりであっても異性がいる時は気にしていたのに、心配しなくなるのは別れを考えている兆候です。どこで何をしようと、好きにしたらいいと考えています。
相手のことを信頼して心配していないのとは違い、連絡がなくともなんとも思いません。例え異性とのツーショット写真が送られてきたとしても、嫉妬することもなく好きにしたらいいと思っているのです。


近くに行っても言わない

用事で相手の住んでいる場所の近くに行ったとしても、何も伝えずに事後報告してきます。相手が時間があったら少しでも顔を合わせようという気持ちがなくなっているのです。
せっかく相手の住んでいる近くに行ったのならば、会いたいと思うのが遠距離カップルです。そう思わないのは、会わなくていい、会いたく無いと思っているからです。会おうと言われることを危惧して、事後報告にしているのです。


兆候に気をつけて!

遠距離カップルで思い当たる項目があったカップルは気をつけましょう。別れが近付いている可能性があります。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/12 7:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます