ヘイセイ知念侑李は大丈夫?山田涼介・二宮和也「匂わせ大反発」の激苦過去

拡大画像を見る

 6月10日発売の『女性セブン』(小学館)が、Hey!Say!JUMPの知念侑李(27)と人気モデルのトラウデン直美(22)の交際を報じた。同誌は5月下旬の昼過ぎ、トラウデンが知念が暮らすタワーマンションの一室から大学に通う姿も激写していた。

「記事によると、以前から友人だったのが、昨年末に急接近したそうです。2人とも趣味が合い、しかもインドア派だったため、コロナ禍でも“おうちデート”を楽しめているそうです。ここで気になるのは、メンバーの山田涼介(28)が、知念にどんなアドバイスをするか、ですね」(女性誌記者)

 知念と山田は、ほぼ毎日オンラインゲームで交流していることを、昨年7月号のアイドル誌『Myojo』(集英社)で明かしている。そのため『女性セブン』は「横には彼女(トラウデン)もいるのでは」と推察しているのだ。

「山田も、過去にモデルの宮田聡子(32)と3年間の極秘交際をしていた過去があります。ただ、18年9月に『女性セブン』で交際が明るみに出たあと、19年1月発売の『週刊女性』(主婦と生活社)で破局が報じられています。この破局に至った原因というのが、知念にとっても他人事ではないんですよ」(前同)

 山田と宮田は交際発覚当時こそ、「友人たちとの食事会で宮田が忘れたハンカチを山田が1年後に届けたことで交際に発展」というドラマチックさもあり、ファンからは祝福の声があった。しかし、その後は心無い誹謗中傷の言葉でSNSが荒らされ、それが原因で破局したという。

■原因は「匂わせ」

「荒れる原因となったのは“匂わせ”です。17年に、宮田がインスタグラムに山田がハマっていた“苺のどら焼き”の写真を投稿したり、18年11月には山田が雑誌で“ローファーを友だちにプレゼントした”と発言した後にローファーを履いた写真を投稿したり……。こういった投稿が、“山田との交際を匂わせている”と炎上してしまったんです」(前出の女性誌記者)

 そのほかにも17年1月の『ヒルナンデス』(日本テレビ系)で、宮田がアイドルの恋愛事情について「ファンに悟られないようにするのが…」「バレなきゃいいと思ってた」と発言していたことも、批判に拍車をかけた。

 2人については破局後も、今年4月28日ごろには「同じスマホケースを利用しているから匂わせ」「実は破局していないのでは」と、もはや言いがかりとしか言えない指摘の声も上がっている。

「こうなってしまった遠因として、嵐の二宮和也(37)の妻である元フリーアナウンサーAさんの存在もあります。Aさんも二宮との交際中に、ブログで交際を匂わせる写真や記述を投稿していた。それで、宮田も“第2のAさん”と、より叩かれてしまったんですよ」(前同)

■現状では問題なし?

 今回の知念とトラウデンの交際についてネットでは、

《なんかほんとかは知らんけど知念くん恋愛するんだと変な感動してます!》《ラブで遊んだりカラオケ行ってるわけではなく、自宅で会ってるんだし二人共独身同士で合法的な付き合い方してるんだから良いじゃん》《自宅デートで愛を育むのは自由ですし、時宜にかなっていて問題ない》

 と、現状では好意的な意見が目立つ。

「知念は内気で大人しい性格で知られ、二宮が交際発覚した当時の嵐に比べると、極端に過激なファンは少ない印象を受けます。しいて言うなら、昨年6月26日に『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で知念は“恋愛放棄”とも取れる発言をして話題になったので、そういう点では残念がるファンもいるでしょうね」

 知念は「僕はもう、みんなの(もの)にもならないくらいの」「誰のものにもならない、強い気持ちでやっていこうかなと」と発言したほか、結婚観についても「まったく考えたことないですね」「できないと思います」と断言していた。

 そんな知念もいよいよ、トラウデン直美のものになったのか。両者の今後に注目が集まる。

関連リンク

  • 6/12 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます