佐藤健、神木龍之介、菅田将暉…女子が「独身でいてほしい俳優」トップは?

拡大画像を見る

 星野源と新垣結衣、松坂桃李と戸田恵梨香など、人気絶頂の芸能人同士の結婚が世間を驚かせている。心の準備がなかっただけに、結婚の発表後に“ロス”を感じたファンたちも多かったようだ。そこで今回は、10~30代の女性100人に「独身でいてほしい俳優」について聞いてみた。

 第3位は横浜流星、菅田将暉、竹野内豊が同率でランクイン。

 現在、川口春菜主演ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)で、ひょうひょうとしたミニマリストの青年役を演じている横浜流星。2019年に『VOCE』(講談社)で「早く結婚したいんですよ」と結婚願望を告白。自身は相手を引っ張っていきたいタイプで、家族のために仕事を頑張り、妻いは家で専業主婦を頑張ってほしいという、少し古風な結婚観も明かしていた。今年9月で25歳になる横浜だが、理想の女性が現れたら意外とあっさり結婚してしまうかも!?

 一方、現在放送中のドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)で神木隆之介、仲野太賀との共演が注目を集めている菅田将暉。来年1月からは初の月9主演ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)のスタートも控え、俳優として順調にキャリアを重ねている。2019年放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演した際、結婚願望について聞かれた菅田は「ありますよ!」と認め、30歳までにはしたいといい、プロポーズについて「今だったら場所も選ばずストレートに言いそうな気もします」と答えていた。また相手の年齢について「同い年ぐらいですかね」と言っていたこともあり、ドラマ、映画で共演した相手との結婚もありえそう。

 続いて、現在、主演ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)で自由すぎる裁判官を演じている竹野内豊。竹野内は、独身大物俳優“最後の砦”といわれおり、ダンディなイケメンぶりで人気にもかかわらず、50歳の現在もいまだに独身を貫いている。プライベートは謎に包まれており、2014年には倉科カナとの熱愛が『FRIDAY』(講談社)にスクープされたが、その後破局が報じられた。はたしてこの先、竹野内の結婚はあるのだろうか。

■元天才子役の若手イケメン、過去にはペアルック熱愛も

 第2位は、神木隆之介。

 元天才子役で、現在は俳優だけでなく声優としても活躍している神木。現在、菅田将暉主演ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)で、人生初の金髪姿で芸人役を好演している。そんな神木は、2016年に佐野ひなことのペアルックデートを『週刊文春』(文藝春秋)に報じられたことがある。結婚願望については、昨年放送の『金スマ』(TBS系)で「すごく強くしたいとは今は思わないけど、経験としてしてみたいなっていうのはある」と語り、「趣味が多くて、そっちの仲間たちがいるから、別に楽しい」と現状に満足していると明かした。アニメ、ゲーム、一人カラオケなど、とにかく多趣味でYouTubeでも趣味全開の動画を配信している神木、まだまだ独身生活が続きそう!?

 そして第1位は、佐藤健。

 現在公開中の主演映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』も大ヒットしている佐藤。とにかく女性人気が高い佐藤、以前からライブ配信アプリ「SUGAR」でファンにも「35歳までに結婚する」と公言していたが、4月22日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)では「将来的にはいつかは結婚したいと思いますけど、何歳にするのがはたしてベストなんだろうっていう悩みはあります」と語っていた。

 また、5月30日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)では、「これから走らなきゃいけないというモードなので、結婚してる場合じゃないとか思う」「仕事でやりたいことが多過ぎて、それがスタートしたばっかり過ぎて」と告白。4月に神木隆之介とそれまで所属した事務所を独立、新事務所を立ち上げたばかりの佐藤。今は結婚よりも仕事!?

 どの俳優も、いつかは結婚する日が来るのだろうが、今はもう少しだけファンのものでいてほしい!

関連リンク

  • 6/12 6:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ソフィア

    6/12 16:55

    女がヤリタイ野郎ランキング

記事の無断転載を禁じます