さらば青春の光がご本人をいじり倒し! 花田優一の魅力を引き出しまくってちょっと好きになる!?

拡大画像を見る

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーんZZです。いつも聞きまくっているラジオの中から興味深かったエピソードを紹介する連載の第19回目。

 今回は2021年6月5日放送のTBSラジオ『さらば青春の光がTaダ、Baカ、Saワギ』でさらば青春の光のお二人が自身のYouTubeチャンネルで配信している花田優一さんへのドッキリ企画動画「抜き打ちファーストテイク」について話していた部分です。

 花田優一さんの楽曲がどれも似ていて、聞いてもどの曲なのかよくわからないため、それをイントロクイズにしたという動画「クソコメに負けるな!! 花田優一イントロドン!!」の続編として制作された「抜き打ちファーストテイク」。

 他の人が聞いてもよくわからない花田優一さんの楽曲を、ご本人は曲名を伏せた状態で聞き、無事に最後まで歌うことができるのかを検証するこの動画が公開されると、約1週間で50万回再生を超えるほどの大反響に。その撮影の舞台裏を森田さん、東ブクロさんが話していきます。

「裏話を言うとね、割と本当にドキドキしてんな。あれ、カットされているけども。もう来るまでは俺ら、全員がドギマギしてたんよね(森田)」とかなり緊張感にあふれる撮影だったと話します。

 実はファーストテイク以外にも、雨の中で花田優一さんの作った靴を使って靴飛ばしをするという企画も考えていたそうですが、直前で靴NGが出てしまい、ファーストテイク企画自体も危うい状態になったそう。

 結局、ファーストテイク企画自体は隠したまま花田さんを呼んで収録を行い、なんとか無事に終えることができたようですが……

(森田)「危なかったな。あれ、ホンマに。ノリノリでやってくれたからよかったけども。あの人の理論で行けば、靴はやっぱり自分の創作物やから。それをなんかされるのは嫌なんやって」
(東ブクロ)「歌もそうやけどな」
(森田)「歌は……創作物自体はいじっていない。俺らはなにか創作物をグチャグチャにはしていないやん? あの人が自分でグチャグチャになったっていう」
(東ブクロ)「たしかに。別にあれ、来て普通に歌えたら『かっこええ! ええもん見れた!』ってなって終わったかもしれへんしな」

と収録中、ほとんどまともに歌えなかった花田優一さんの様子を振り返ります。

 収録が終わる頃にはさらばのお二人とも打ち解けたという花田さん。収録後に3人でタバコを吸いながら談笑をするほどになったそう。動画が公開された後もさらば青春の光マネージャーに「ありがとうございます! 大反響です!」とお礼の電話をかけてくるなど、花田さんも今回の企画とその反響を喜んでいたそうで、「喜んでいた? よかったね。人柄やな、あの人の(東ブクロ)」「友達に『めっちゃ面白かった』とか言われたんちゃう?(森田)」とさらばのお二人も嬉しそうに話します。

(森田) 「でも、花田さんの名誉のために言いますけども。曲は本当にいい曲です。いじっているわけじゃなくて。俺、実はああいう曲調のやつ、好きなの。声がめっちゃいいし。いい歌やねん。ただ、覚えられへん」
(東ブクロ)「まあまあ、本人がそうやねんから」
(森田)「花田さん今、『ライト』っていう曲が出ているからな。お前、『ライト』聞いてないやろ? 『ライト』も……一緒やぞ?」
(東ブクロ)「『一緒のようにいい』でしょ?」
(森田)「マジで『ライト』、いい曲やねんな。ただ、『歌え』って言われたら全然、メロディーすら出てこないけど」

と花田さんの歌を絶賛しつつも、その「覚えられない」という唯一の難点を残念がるさらば青春の光。

 森田さんは「花田さんと、またなんかやりたいよね」と話しており、花田さんとさらば青春の光のコラボ企画第二弾も期待できそうです。

「花田優一イントロクイズ」「花田優一抜き打ちファーストテイク」、どちらも抜群に面白かったので、まだの方はぜひチェックしてみてください。

 花田優一さんの憎めない人柄、人間的魅力が爆発しており、僕はちょっと花田優一さんのことが好きになってしまいました(笑)。

  • 6/11 21:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます