「動物園の動物」=「かわいそう」ではない! 動物研究家・パンク町田が語る“人と動物との適切な距離感”とは?

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。6月5日(土)放送のお客様は、動物研究家・パンク町田さん。「人と動物の平和的共存」について語ってくれました。


パンク町田さん



今回のお客様は、1968年・東京生まれの動物研究家・パンク町田さん。人と動物における新しい可能性を研究するための施設「アルティメット・アニマル・シティ」代表のほか、NPO法人「生物行動進化研究センター」理事長、「アジア動物医療研究センター(日本ペット診療所)」センター長を務めており、昆虫から爬虫類、鳥類、猛獣といった、ありとあらゆる生物を扱う動物のスペシャリストです。

動物作家としても活躍し、世界中を探索した経験と、3,000種以上の飼育技術・治療の習得を生かした執筆は、ベストセラーを生み出す原動力となっています。また、鷹狩りの世界にも造詣が深く、鷹匠文化の知識や鷹を扱う技術にも秀でています。“ムツゴロウさん”の愛称を持つ動物研究家・随筆家の畑正憲さんからは、“ポスト・ムツゴロウ”に任命されています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。6月5日(土)放送ゲスト:パンク町田さん


◆動物と人間が歩み寄れる道具の開発

町田:昔から人類と動物の平和的共存を目指しているのですが、以前は動物との付き合い方を探していました。たとえば、“この動物はこういうふうに思っているから、こういう感じで飼ったほうが楽しいぜ”とか、“こういうふうに飼うと人間も楽だぜ”とか、最近はそういうことを考えて動物の道具を開発しています。

川島:道具?

町田:そう。“これを使ったらもっと動物と近付けるよ”“これを使えば動物はもっと快適に暮らせるよ”みたいな道具です。

川島:ほう! 動物と心のコミュニケーションがとれるような道具ってことですか?

町田:たとえば、犬を飼育するとします。“こういうケージで飼ったらかわいいじゃん”ではなくて、“犬はこういうものを求めているんじゃないかな?”ってことを考えるんです。

川島:なるほど。

町田:最近だと、“人間との距離が取りやすいから”という理由で、枝がいっぱいある動物園があるんです。でも、その試みのせいで首に枝が引っかかるキリンがいるし、お客さんから動物が見えづらくなったりもする。見えづらいってことは、隠れやすい場所が多いということなので、いいことでもあるんですけど……。一方で、“動物は本当に人間から隠れたいのか”とも思うんです。だって(動物園にいて)人に慣れている動物ですよ?

川島:野生の動物を連れてきたわけじゃなく、昔からその環境で育った動物ですもんね。人から見られることにストレスを感じていないと。

町田:日本で最も長いあいだ飼育された象は、東京・井の頭動物園にいた「はな子」さんです(2016年に国内最高齢となる推定69歳で死亡)。“狭いコンクリートのなかで飼育されてかわいそう……”って言われていましたけど、決して酷い場所で飼育されたわけではないんです。

象にとって粗悪な環境なら、そんなに長生きはできないんですよ。象は頭がいい動物でストレスを感じやすいので、実は(はな子が長生きした井の頭動物園は)象にとっては満足がいく環境だったわけですよ。

川島:関係ない人が、“かわいそう……”って言っていたと。それこそ人間のエゴだろうと。

町田:そう思います。象が実際に求めているのは、“優しい人間”だってことです。

川島:なるほどね。

町田:人間の子どもだってそうでしょう? 広いところでのびのびと育てなくても、今の子どもは狭い場所でもゲームを与えれば、ストレスは溜まらないわけですから。

川島:いつだって、文句を言うのは赤の他人ですよね。何もわかっていない人。

町田:そう。イメージが先行しちゃっているんだよね。犬のリードにしろ、ケージにしろ。僕は、“こうすればもっと快適に過ごせるんじゃない?”っていうことに取り組んでいます。

もっと人間と動物の距離を近づけたいので、海外で新しい道具が出たらリサーチをするし、自分で使ってみる。そうすることで、人間と動物の“新しい付き合い方”が生まれてくるんですよ。

川島:今までは人間のエゴというか、人間側の需要で作られた道具が多かったけれど、お互いが歩み寄れる道具を開発しているんですね。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も、ぜひチェックしてください!

本日6月12日(土)のお客様は、ゆりやんレトリィバァさんです。お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年6月13日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/12 6:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます