A・ヤング、ワトフォード復帰の可能性も…インテルが新たな契約提示か

拡大画像を見る

 インテルが元イングランド代表MFアシュリー・ヤングに契約延長のオファーを提示した模様だ。イギリス紙『サン』が11日に報じている。

 ヤングは今シーズン公式戦34試合に出場し、インテルの11シーズンぶりのスクデット獲得に貢献した。優勝に導いたアントニオ・コンテ監督がクラブとの双方合意の上、早期契約解除で退団。コスト削減のためにヤングがクラブを退団する可能性があるとされていた。

 報道によると、2021-22シーズンからプレミアリーグに復帰するワトフォードがヤング獲得に向けた交渉を行っている模様。しかし、インテルはこれを受け、ヤングに1年間の新たな契約のオファーを提示したという。同メディアによると、インテルが契約延長のオファーを出したことで、ヤングはワトフォードとインテルのどちらを選ぶかで、考えが二転三転しているという。

 現在35歳のヤングはワトフォードの下部組織出身。2007年にワトフォードからアストン・ヴィラに移籍すると、その後マンチェスター・Uに加入して9シーズンプレー。2020年からはインテルに在籍している。

関連リンク

  • 6/12 5:34
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます