2歳の娘を置いて出て行った夫。世帯年収3000万、幸せだったはずの夫婦が崩壊した理由は…

男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。

出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。

—あの時、彼(彼女)は何を思っていたの…?

誰にも聞けなかった謎を、紐解いていこう。

さて、今週の質問【Q】は?

▶前回:「この女、美人だけど交際したら面倒そうだな…」男の中でNGフラグが立つ女の特徴


「葵、ちょっと話があるんだけど」

それは、日曜日の夕方だった。

突然、夫の春希から思いつめた顔で呼ばれ、ダイニングテーブルに向かい合って座る。

夫はテーブルに、“ガシャン”と部屋中に鳴り響くほどの大きな音で、カップを置いた。

このダイニングテーブルはイタリアの高級家具メーカーの特注品で、結婚を機に思い切って購入したお気に入りだ。

「ちょっと。テーブルに傷がつくし、マグカップもHermèsなんだから大事に扱ってよ」
「それよりも」

私の話をまったく聞いていない様子の春希に若干いらだつ。

だがそんな怒りを忘れるくらい、春希から衝撃の一言が飛び出てきたのだ。

「ごめん葵。離婚したい」
「は…??」

結婚して、約2年。可愛い愛娘である里桜も、もうすぐ2歳になる。

「何を言っているの?里桜だっているんだし、そんなこと、できるわけないじゃない。もしかして浮気でもしてたの?」
「浮気じゃない。だけど、ごめん……」

怒りよりもショックが大きくて…と言うよりも、何が起こっているのか理解が追いつかない。

幸せだと思っていた結婚生活は、急に音を立てて崩れていこうとしていた。

夫が離婚を切り出す時。原因は一体何なのか!?

Q1:夫が結婚する前に、気がついておくべきだった女の性格は?


春希と出会ったのは、六本木で開催された経営者の集まり。

今でも鮮明に覚えているのが、その日私はひどい二日酔いだった。最初は乗り気ではなかったものの、隣に座った春希を見て、二日酔いはどこかへ飛んでいった。

事前情報によると、春希は都内で幾つか飲食店などを経営している、いわゆる若手実業家。

しかも、顔もそこそこイイ。

「葵ちゃんは、今どこに住んでいるの?」
「私は広尾です。春希さんは?」
「え!僕も広尾だよ」

話していくうちに、年齢も出身地までもが同じだったと判明した。

「え〜じゃあ葵ちゃんも名古屋出身なの?」
「春希さんもかぁ。高校、どこでした??」

この日、私たちはかなり盛り上がった。

盛り上がりすぎた結果、みんなで二軒目に移動し、その後三軒目は私だけ春希の家へ行き、そして一夜を共にしたのだ。

「葵ちゃん、超可愛いね」

彼に抱かれながら、そんなセリフを言われたことを覚えている。

そして3ヶ月後。私の妊娠が発覚した。


妊娠がわかったときは、かなり驚いた。でも春希以外考えられる人はいなかったし、彼のことをいいなと思っていた。

当然、私は結婚することに対して前のめりだったが、幸運にも春希にも迷いがなかった。

「葵、結婚してほしい」

妊娠がわかると、すぐにプロポーズをしてくれたのだ。

「もちろんです…。ありがとう」

思わぬキッカケでトントン拍子に事が進んだが、これもきっと運命だろう。

私にとって、彼との結婚は相当ラッキーなことだった。

春希を狙う独身女子が多かったことは知っている。それはそうだろう。イケメンの経営者で、お金持ち。結婚するには最高の条件がそろっている。

ライバルたちを蹴散らして結婚というゴールへ駒を進められた私は、強運だと思っていた。

「とりあえず結婚式と新婚旅行は、葵と子どもが落ち着いてからかな」
「そうなるよね…残念。本当はヨーロッパ周遊とかしたかったのに」
「まぁ、また考えよう」
「その分、新居にお金かけられるしね」

幸い、私と春希は趣味が合った。好きなインテリアのテイストも、一緒だ。

「春希、とりあえず子どもも生まれるし引っ越さないとだね。こことかどう?」
「うーん、ちょっと家賃高いかもなぁ」
「でもここ、キッチンとかもいいし、生まれてくる可愛い子どものためなら、これくらい頑張れるでしょ?」
「まぁ無理ではないけど」

結局希望していた物件は予算オーバーということで別に決まったが、神谷町にある高級低層マンションに住めることになった。そして無事引っ越しを終え、新居を整え、娘も生まれた。

何もかもが完璧な、結婚生活…家族としてのスタートだと思っていた。

「もう耐えられない…」夫が離婚を決意した理由

Q2:夫が離婚したいと思った原因とは!?


順調に、幸せな家庭を築いていたはずだった。

私は結婚を機に仕事をやめていたが、年収3,000万くらいある夫のおかげで、生活には困らなかった。

むしろ独身時代より裕福になり、自分のためにも、娘のためにも存分にお金を使えるようになった。

ただ、たまに釘を刺されることはあった。

「また何か買ったの?」
「うん、化粧品とか美容医療代。でも春希だって、綺麗な奥さんの方がいいでしょ?」
「俺は別にそんなのを求めてないよ。それに買いたいものがあるなら、自分のカードを使えば?」
「今は働いていないから無理だよ。それに1個100万もするカバンを買ったわけでもないし、金額だって可愛いものじゃない。私が使った金額なんて、たかだか30万くらいだし」

私の友人たちは、みんな夫のカードを使っている。

CHANELの新作バッグに、Diorの靴や洋服などを毎シーズン新調しているくらい、裕福な暮らしをしているのだ。

Instagramを見ているとため息しか出てこないほど、皆素敵だった。

そんな彼女たちと比較すると、私が使った金額は可愛いものだ。

「葵も、もう一度働けば?」
「子育てもしているのに無理だよ」

小言を言ってくる春希と、この後大げんかをしたことは言うまでもない。でも、これが離婚の原因だとは思えなかった。


唯一考えられるのは、教育方針の違いだった。

「春希。里桜のことなんだけど、やっぱりインター系の幼稚園に入れたくて」
「普通のところじゃダメなの?」
「うん。将来英語はマストだから。小学校からインターでもいいんだけど、成城とか青学あたりを狙おうかなぁと」

娘に苦労をさせたくないので、小学校からエスカレーター式の私立に入れてあげたかった。

だが春希は、元々自分がそうだったように、私立ではなく公立でいいと考えているようだった。

「僕としては、公立でも問題ないけど。受験にこだわる理由は?」
「だって、将来貧乏な思いをさせたくないから」
「いや、その発想は意味がわからないんだけど…」

可愛い娘のことを思って一生懸命考えたのに、夫とは見事に意見が食い違う。

私だって「離婚したほうがいいのでは?」と考えたことは何度かある。

それでも離婚しないのは、経済的な面ももちろん大きい。しかし夫婦としてやっていくと決めた以上…何より里桜の親として、頑張っていこうと思っていたからだ。

「春希、勝手すぎない?離婚なんて、認めるわけがないでしょ」
「もし認めないなら、とりあえず別居でいい。とにかく、本当に無理だから」

それだけ言い捨て、翌日、春希は本当に家を出て行ってしまった。

「ちょっと待ってよ。里桜のことはどうするの?」
「ごめん。里桜に対しては、申し訳ないと思っている」

娘は可愛いようで一週間に一度は家に帰ってくるが、会うたびに「離婚してほしい」と言われ、私はただただ呆然としている。


▶前回:「この女、美人だけど交際したら面倒そうだな…」男の中でNGフラグが立つ女の特徴

▶NEXT:6月13日 日曜更新予定
夫が心底無理だと思った、妻の言動とは

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/12 5:02
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます