「実力を試す上で非常にいい相手」…主将長友が振り返り「自信になる試合だった」

拡大画像を見る

 日本代表DF長友佑都(マルセイユ/フランス)がオンライン上での取材に応じた。

 長友は11日に行われたキリンチャレンジカップ2021セルビア代表戦で、キャプテンとして出場。1-0での勝利に貢献した。

 長友は欧州の強豪との対戦を終えて「セルビアは力があるので実力を試す上で非常にいい相手だと思っていました。試合は相手がブロックを作ってきて硬い試合になりましたが、前半ポゼッションするなかミスが多かった。でもしっかり0に抑えて相手に得点させなかったという意味ではチームが集中していたと思います」と試合を振り返った。

 またピッチサイドのLED看板に応援メッセージが表示される新しい試みがあったが、長友は好意的にとらえている。

「無観客の寂しさは常に感じていて、いつファンの皆さんと一緒にサッカーできるのかなと思っているけれど、メッセージだけでも力強いしエネルギーになりました」

「サッカーでもそうですけど失敗を恐れずにチャレンジしないと成長もできないし課題も見えない。どんどんチャレンジするのは自分も大事にしているし、日本代表も大事にしているところです」

 続けて同選手は「自分たちの力を試す上でいい相手だった。お互いベストではなかったが、全選手がチーム一丸となって、誰が出てもある程度のレベルが出せることは示せたので、手応えがあるし日本代表としても自信になる試合でした」と総括した。

関連リンク

  • 6/12 0:31
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます