森保監督が強豪セルビア戦を振り返り…代表デビューのオナイウ阿道にも言及

拡大画像を見る

 日本代表は11日、キリンチャレンジカップ2021でセルビア代表と対戦し1-0で勝利した。

 試合後日本代表を指揮する森保一監督がオンラインで取材に応じた。

 まず森保監督は「ノエビアスタジアム神戸がある兵庫県は緊急事態宣言下で、その中で試合ができたことに感謝申し上げます。テレビ、メディアを通じて日本代表を応援してくださったサポーターの皆さんに感謝いたします。ありがとうございました。選手も無観客ですがテレビ越しのたくさんの応援を心強く感じています。そして、日常生活を頑張る人に、今日選手の頑張りが励ましになっていただければ嬉しいです」とコメントした。

 続けて「局面でのインテンシティが高く、我々の攻撃に対し、時間とスペースを与えず、最後はこじ開けさせないというフィジカルの強さ、戦術の強固さを感じました」とセルビア代表の印象を語り、「選手に求められたのは局面の強度。そこで戦い、技術を発揮できたか。攻撃の回数は選手もよくトライしてくれましたが、激しく来る中での突破するための技術、ビルドアップで相手のプレスの中、ボールを保持して攻撃できたかが今後の課題になると思います」と振り返った。

 またこの試合ではオナイウ阿道(横浜F・マリノス)がハーフタイムから投入されデビューを飾った。後半はオナイウを中心に攻撃がまわり同選手もオフサイドの判定で幻となったもののシュートでネットを揺らしている。森保監督は同選手について次のように語った。

「本人が結果をもって、チームでの存在感を発揮して日本代表でプレーするチャンスを掴み取ってくれたと思っています。前半は攻撃が、もう少し収まったり、落ち着いてできればと思っていたので、トップで収めてくれたり、背後へ抜けてくれたり、マリノスでやっている守備の部分も、普段彼がやっていることを代表でもしっかり出してくれたと思います。より高いレベルでプレーしていることを示してくれました」

 セルビア代表の指揮官は選手・監督として、名古屋グランパスで名をはせたドラガン・ストイコヴィッチ監督。対戦経験もある森保監督は「この期間でなかなか強い相手と親善試合できない中、日本に来ていただいたことに感謝を伝えました。Jリーグで私が広島、ストイコヴィッチさんが名古屋で対戦していたが、いつも勝負師だと思っていたので、今日も監督として、勝負に対する思いが出ていて刺激になり良い試合をしたいなと思いました」と明かした。

関連リンク

  • 6/11 22:51
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます