松本人志、民放20年ぶり新作コント 6.12『キングオブコントの会』歴代王者も集結

 ダウンタウンの松本人志や、『キングオブコント』歴代チャンピオンが一堂に会する3時間スペシャル『キングオブコントの会』が、TBS系にて6月12日19時から放送される。民放では20年ぶりとなる松本の新作コントも披露される。

 出演は、松本、さまぁ~ず、バナナマン。そして、『キングオブコント』の歴代チャンピオンである東京03(2009年優勝)、ロバート(2011年優勝)、バイきんぐ(2012年優勝)、シソンヌ(2014年優勝)、ライス(2016年優勝)、ハナコ(2018年優勝)、さらにファイナリストのチョコレートプラネット、ジャングルポケット、ロッチ、さらば青春の光。

 総勢29人が一堂に会し、松本の民放では2001年放送の『ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル』(フジテレビ系)以来、20年ぶりとなる新作コント2作を含む12作品に、ブリッジコントを加えたオール新作コント祭りを届ける。

 収録を終えたさらば青春の光は「気合が入りすぎて一発では満足できず二度目をやらせてもらったのですが、見事にNGを出しまくってしまいました。めちゃくちゃダサかったです…」と撮影を振り返った。一方、シソンヌは「思っていた通りの仕上がりになりました」と、出来栄えに満足の様子。

 ジャングルポケットは「大丈夫かなっていう不安はありました。メンツがすごすぎて…。現役でまだ『キングオブコント』に出ているのって僕たちだけなので、優しい目で見てもらいたいです(笑)」とコメント。東京03は「普段、我々ではやらないような種類のコントでした。共演のバナナマンの設楽さんにはド派手にいってもらいました」と明かす。

 バイきんぐはバナナマンの日村を「やはり百戦錬磨というか、ずっとコントをやってこられた人なんだなと思いました。最後にプチトラブルが起きるのですが、それも一つの見所です」と絶賛。

 ロバートは「『お昼の生放送』という大勢で演じるコントは、元々ロバートでやろうとしていたネタでしたが、3人なので無理だなと諦めていました。けど、今回で夢が叶いました。感無量です」と喜びを語った。

 『キングオブコントの会』は、TBS系にて6月12日19時放送。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/11 19:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます