【愛知・名古屋】文化のみちで歴史を堪能!レトロ撮影をしよう♪

拡大画像を見る

愛知県名古屋市にある、「文化のみち」。そこには「二葉館(ふたばかん)」という建物があります。大正時代には珍しい豪華な建物。今回は、歴史好き&レトロ好きには堪らない、フォトジェニックな二葉館の魅力をご紹介します!


文化のみち二葉館ってこんなところ♪



「二葉館は、日本の女優第一号と言われる川上貞奴(かわかみさだやっこ)と、電力王と言われた福沢桃介が共に暮らした邸宅です。大正時代には珍しい和洋折衷の建物は、その豪華な印象から「二葉御殿」とまで言われていました」。
また、現在の建物は平成17年に復元されたものなのだそう。




円形の大広間にはレトロでポップなソファがあったり、壁にはステンドグラスが施されていたり、「御殿」と呼ばれた所以が納得できる装飾が所々にあります。


二葉館の撮影ポイント♪




館内はどこでも撮影OK(※企画催事などで撮影不可の場合もあります。)(触れてはいけない展示物などには気を付けてください)◎
見どころは大広間のステンドグラスですが、他にも大正時代ならではのレトロなランプや壁紙などの装飾品があり、古さの中にも時代背景を感じられるような撮影スポットがたくさんあります♪
天井や床の模様、螺旋階段など、是非ご自身の「ステキ!」と感じるスポットを見つけてみてはいかがでしょうか♡


文化のみちへカメラを持って出かけよう♪



二葉館では様々なイベントが催されています。貞奴風の衣装を着て、撮影体験ができたり、2月下旬には十二単風の打掛を着てみるイベントもあるそうです♪(イベント内容は時期によって異なります。詳しくは、ホームページをご確認下さい)是非、歴史を予習して行かれてみてはいかがでしょうか♪


<スポット情報>
文化のみち二葉館(名古屋市旧川上貞奴邸)
住所: 愛知県名古屋市東区橦木町3丁目23番地
電話: 052-936-3836

関連リンク

  • 6/11 20:28
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます