小林礼奈騒動に橋下徹氏「ぼく、1回やってるんですよね」の告白

拡大画像を見る

 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が11日、フジテレビ系「バイキングMORE」で、タレントの小林礼奈がラーメン店の実名を出し、並んでいる客から暴言を吐かれたことをブログにアップし騒動となったことに、自身の苦い体験を披露した。

 橋下氏は、小林の騒動について、坂上忍ら出演者に「やっぱり実名はださない?」と質問。坂上は「ほめる時は出しますが、批判的な時は出さない、基本的なルールに(している)」と、自身のスタンスを説明した。

 これに橋下氏は苦笑いで「ぼくは1回やってるんですよね…」と切り出した。

 「あるホテルで、民間人になってから話題になってる政治家と秘密の会食をやったとき、新聞社の政治記者に追われてしまって。公職の立場なら答えるようにしていたが、民間人なので、ホテルに入れば大丈夫と思ってロビーに入った」という。

 だが思惑は外れ、ロビーにも新聞記者が入ってきたことから、橋下氏はホテル側へ「ここはホテルの敷地内なので、新聞記者をだしてくれないか」とお願いしたところ「全然ホテルに対応してもらえなかったので書いちゃった」と告白。そして「ダメですかね?」と出演者に聞いた。

 これに土田晃之は「こういうことがあったとは書くかも知れないが、ホテルの名前は書かない」と明言し、橋下氏も苦笑していた。

関連リンク

  • 6/11 15:46
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます