阿部寛『ドラゴン桜』とは違った顔、マレーシア映画で美しくも切ないラブシーン

7月24日(土)より公開される、阿部寛が出演したことで話題のマレーシア映画『夕霧花園』(ゆうぎりかえん)の、予告編が完成した。


本作は、日本ではあまり語られることのない第二次世界大戦におけるマレーシアの歴史と共に、一組の男女の切ない恋が紐解かれていく。物語は亡き妹の夢である日本庭園造りに挑んだヒロイン・ユンリンと日本人庭師・中村が出会ったことで動き出す。キャメロンハイランドの美しい景色を舞台に、日本軍による占領という主従関係にあったマレーシアと日本という国の因縁を超えて惹かれあう二人だが――。戦中の1940年代、戦後の1950年代、1980年代からなる三つの時間軸を通して描かれる。

この度公開された予告編では、ヒロイン・ユンリンと阿部演じる中村有朋(アリトモ)の出会い、最初は反発するも惹かれあう二人の切なくも繊細なラブシーンが垣間見える。時を超えて有朋の謎に肉迫するいわくありげなカットや、さらに阿部が挑戦した英語セリフも確認でき、放送中の主演ドラマ『ドラゴン桜』とは違った顔も見どころだ。


また、タン・トゥアンエン著の原作の同名小説『夕霧花園』(原題:The Garden of Evening Mists)の国内発売も決定。(7月中旬予定、彩流社より)原作本の翻訳が発売されるのは国内初となる。




【ストーリー】

1980年代、マレーシアで史上二人目の女性裁判官として活躍するユンリンはキャリアアップのため連邦裁判所事を目指していた。かつて愛した中村がとある財宝にまつわるスパイとして指弾されているのを知り、彼の潔白の証拠を探すことを決意する。ユンリンにとって忘れることのできない約30年前の記憶を手繰り寄せ、想いが交差していく――。


■映画『夕霧花園』

7月24日(土)より 渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
出演:リー・シンジエ 阿部寛 シルヴィア・チャン ジョン・ハナー ジュリアン・サンズ デビッド・オークス タン・ケン・ファ セレーヌ・リム
配給:太秦

(C)2019 ASTRO SHAW, HBO ASIA, FINAS, CJ ENTERTAINMENT  ALL RIGHTS RESERVED



関連リンク

  • 6/11 11:52
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます