「やよい軒」の新カレーで“ごはんおかわり”何杯いけるかに挑戦!

拡大画像を見る

「やよい軒」では6月2日より、ごはんおかわり自由の2種のスパイシーカレーの販売を開始している。

 同店ではもともと、定食メニューでごはんおかわり自由、丼ものでもごはん大盛りを無料にしている。今回、新たに加わったカレーメニューはどちらかと言えば丼ものに属すると思われるのだが、ご飯を別皿に盛ることで強引に“定食”にカテゴライズするという、いったいどこまでごはんを食べさせたいんだという仕様になっているのである(笑)。

 そこまでされたらこちらも黙っていられない。カレーを美味しく食べながら、どこまでご飯をおかわりできるか挑戦することにした。

 新たに登場したのは、9種類のスパイスと肉や野菜の旨味が溶け込んだスパイシーなカレーに、「やよい軒」で人気1位のしょうが焼きを乗せた「しょうが焼カレー定食」(790円=税込=以下同)と、大きめにカットした蓮根とさつまいも、タマネギ、パプリカやブロッコリーとトロトロに煮込んだ牛すじが入った「牛すじと野菜のカレー定食」(790円)の2種類で、どちらもプラス70円でチーズをトッピングすることが可能。なお、テイクアウトにも対応しているが、ごはんの量は普通盛、大盛、超特盛から選ぶこととなる。

 そこで今回は、2種類のうち「しょうが焼カレー定食」をチョイス。メニューが運ばれてくると、カレーに味噌汁、激辛の特製スパイス、そしてごはんに加え、ごはんおかわり用の茶碗がトレーに乗せられている。平皿のごはんとごはん茶碗が並ぶ姿がなんともシュール。それはさておき、かなり濃厚な茶色をしたカレーにはしょうが焼きにされた豚肉と玉ねぎがたっぷり入っており、そこに刻みしょうがが散らされいて、見るからに食欲がそそられる。

 このカレー、スパイシーというわりにはそこまで刺激は強くなく、コクと旨味をしっかり感じられ、しょうが焼きの味わいをしっかりと引き立ててくれている。カレーにしょうが焼きという組み合わせは意外な感じもするが、甘辛く味付けられた肉と玉ねぎに爽やかなしょうがの風味が実にカレーとマッチしているのだ。

 まずは平皿に盛られたごはん200gにしょうが焼カレーをちょっとずつ乗せながら食べ進めていく。見た感じごはんの量は割と多めに感じるものの、カレーが濃い味なのでサクサク食べ進められ、あっという間になくなってしまった。さっそく「ごはんおかわりロボ」で並盛150gをおかわり。

 2杯目は無料の漬物でブーストをかけていくと、この並盛が思った以上に少なく、また漬物効果もあって即、ごちそうさま。ここで残るカレーはちょうど半分ぐらい。3杯目も並盛をおかわりし、ここでついにラムマサラとハバネロが入った激辛の特製スパイスを加えてみる。しかし、このスパイスが記者個人としてはまったくもって辛くない。しかも粉っぽくなってしまうので、むしろ米が進まなくなってしまった。

 5杯は余裕でいけると思っていたが、特製スパイスによる急ブレーキのせいで4杯目に中盛200gをおかわりしてフィニッシュ。カレーを美味しくいただきつつ、おかわりしたごはんは最終的に4杯で計700gを食したことになる。もし、スパイシーカレーでごはんおかわりチャレンジをしたい方は、「しょうが焼カレー定食」より「牛すじと野菜のカレー定食」の方を選んだ方がいいかもしれない。さすがに具材がしょうが焼きだけだと後半は飽きてくるので、色々な具材が入っている方がよりご飯が進むと思われる。

(ビートル鈴木)

関連リンク

  • 6/11 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます