カズレーザー、五輪疑問視報道でメダリスト「インタビュー答えてくれるんですかね」

拡大画像を見る

 メイプル超合金のカズレーザーが11日、フジテレビ系「めざまし8」で、各メディアが東京五輪開催について「疑問視」の報道をしていることから、実際に開催された場合に「メダリストとか、インタビューに答えてくれるのか。あなたたちやらない方がいいと言ってませんでしたか?とならないか」と心配した。

 番組では、この日未明にIOCのバッハ会長が行った会見を取り上げた。バッハ会長は「東京は全ての関係者と密接に協議しながら実施段階に入っています」と語り、開催の可否や観客の有無には触れなかったと報じた。

 「実施段階」と語ったことに、カズレーザーは「40日前だと実施段階にないとできないから。もともとずっと開催前提の話だったので状況が悪化してなければ特に触れることもないのかな」と、バッハ会長のコメントはある意味当然と指摘。

 ただ「開催するとなると気になるのは」と切り出し「こういう番組で開催疑問視のスタンスを取ってたりしたじゃないですか。開催したら番組で報道させてくれるんですかね?五輪のこと、ただで触れさせてくれるんですかね」とコメント。

 またメダリストらについても「インタビュー答えてくれるんですかね。あなたたち、やらない方がいいとか言ってませんでした?とかならないか」と心配していた。

関連リンク

  • 6/11 9:33
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます