最新作『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』IMAX特別映像が『ワイスピ』上映館でお披露目

拡大画像を見る

全世界待望の『ジュラシック・ワールド』シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』(JURASSIC WORLD:DOMINION/2022年6月10日全米公開予定)が、2022年夏に日本で公開決定。日本では8月6日(金)から全国のIMAX劇場で公開される『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』の本編開始前に、約5分間のIMAX特別映像が上映されることになった。

2015年に新たに生まれ変わった『ジュラシック・ワールド』はその年の“国内年間興行収入No.1”に輝き、続くシリーズ生誕25周年、2018年公開『ジュラシック・ワールド/炎の王国』もメガヒット。『ジュラシック』シリーズは、累計50億ドル以上の世界興収をあげている。

今回はIMAXならではの臨場感あふれるスクリーンで、『ジュラシック・ワールド』のスリリングでスペクタクルな世界観と圧倒的なスケール、さらにシリーズで初めて登場する恐竜たちの特別最新映像を体感することが可能。この上映決定に伴い、IMAX特別映像公開記念ポスターと場面写真も解禁された。


IMAX特別映像を上映するにあたり、ユニバーサル・ピクチャーズの北米劇場配給部門の社長であるジム・オル氏は、「この特別映像は、コリン・トレボロウ(監督)と彼のチームが『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』のために作ったものです。この初めて披露される映像は、これまでに見たことのないもの」と紹介し、「これこそ、究極の映画ファン体験だと思います」とコメント。

IMAXのアスペクト比1:90:1のフルスクリーンで体験できる約5分間の『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』は、今作の物語のプロローグが含まれており、6,500万年前の白亜紀に恐竜が地球全体を闊歩していた時代が舞台となる。息を呑むようなアクション満載の映像と共に、アカデミー受賞者のマイケル・ジアッキノの象徴的なスコアが使われており、人類が存在するはるか以前の地球の姿を明らかにするとともに、恐竜のDNAが蚊によって運ばれるようになったという起源の物語が語られている。

この特別映像は伝説的なインダストリアル・ライト&マジック社が制作。これまでのジュラシック作品には登場しなかった7つの新種の恐竜が登場だけではなく、後に恐竜が彼らだけのものではない地球を徘徊するという、『ジュラシック』シリーズならではのサプライズも用意されている。


トレボロウ監督は、「このシークエンスは可能な限り大きなスクリーンで鑑賞するために作られました。幸い、IMAXスクリーンのある劇場が復活し、世界中で皆が劇場に戻ってきています。なぜなら映画は私たちの絆を一層強めてくれるからです。私たちは今、そのような体験を必要としているのです」と語っている。

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』は2022年夏、全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
ジュラシック・ワールド 2015年8月5日より全国にて公開
© 2015 Universal Pictures.
ジュラシック・ワールド/炎の王国 2018年7月13日より全国にて公開
© Universal Pictures

関連リンク

  • 6/11 0:09
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます