深夜に届いた不気味なメッセージ しかし翌朝見ると…【家庭教師Aが全てを失った話 Vol.18】

※この物語は実話をベースにした創作ストーリーです。登場する人物や団体名はフィクションです。■前回のあらすじ
ある日の深夜、家庭教師からどん子に突然メッセージが届きました。
















送られてきたメッセージについて問いただしても「知らない」と言い切るオタ彦。

しかし、深夜なんて言ってないのに、なぜ深夜に送られたと知っていたのでしょうか。

次回に続く(全48話)「家庭教師Aが全てを失った話」連載は21時更新!
※作者より:「オタ彦」という名前は、「オタク」とは無関係の仮名です。オタクを批判するものではありません(ちなみに作者はオタクです)。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/10 21:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • おやぢ

    6/12 12:33

    記事と見せかけた作文に余程苦情が多かったのか、ちゃんと冒頭でフィクションですって書いてありますね。良い傾向です。

記事の無断転載を禁じます