【地方競馬】新種牡馬サトノアラジンの産駒が初勝利

拡大画像を見る

 10日の門別2Rは、5番人気オミワタリ(牡2、北海道・松本隆宏厩舎)が勝利。同馬の父であるサトノアラジンはこれが中央・地方通じて産駒の初勝利となった。

 オミワタリは母プティプランセス、母の父キングカメハメハという血統。先月27日の新馬戦でデビューし、3着。2戦目での勝ち上がりとなった。

 サトノアラジンは父ディープインパクト、母マジックストーム、母の父Storm Catで、全姉に2014年のエリザベス女王杯(GI)を制したラキシスがいる血統。

 現役時代は2017年安田記念(GI)のほか、芝1400mで重賞2勝をあげている。2018年に引退し、社台スタリオンステーションで種牡馬入り。今年の2歳世代が初年度産駒となる。

関連リンク

  • 6/10 19:51
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます