柴咲コウ 白い肩出しドレス姿で笑み「かなり触発されました」

拡大画像を見る

 女優・柴咲コウ(39)が10日、都内で映画「クルエラ」の公開記念舞台あいさつに出席した。

 ディズニーアニメ「101匹わんちゃん」の名悪役・クルエラの誕生秘話を描いた実写映画。日本語版で主人公・クルエラの声優を務めた柴咲は、左肩を出した白いドレス姿で登場し「前回(の舞台あいさつ)は真っ赤だったので、今回は『白!!』と思って。さわやかに、さっぱりとした雰囲気にしたいなと」と、笑顔で衣装選びのポイントを説明した。

 ファッションも今作のポイントとあって「かなり触発されましたね」と告白。「気分を大切にしてまとう服を考えるというのを大切にしていきたいなと、あらためて思わせてくれました」と話した。

 実写映画の日本語吹き替えを担当したのは初めて。「自分が関わっているものを見るとあら探しをしてしまいがち」と明かしつつ「最終的にはすごく客観的な目でこの作品を見られた。声として、自分の中では合格点だったのかな」と納得顔で振り返った。

関連リンク

  • 6/10 19:12
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます