ディズニーが若き才能を発掘!「Disney Launchpad」6人の注目監督が熱い思いを明かすインタビュー到着!

拡大画像を見る

ディズニーが若き映像作家を支援する短編映画プロジェクトDisney Launchpadから生まれた『リトル・プリン(セ)ス』、『若きバンパイアの憂鬱』など6作品がディズニープラスで独占配信中。男の子らしいって何?人種の多様性が使われてる?!など様々なテーマを描き出した6人の映像作家が熱く語るインタビューが到着した。

「Disney+ (ディズニープラス)」にて絶賛独占配信中の“Disney Launchpad”から生まれた短編映画6作品。なにを観ようかな~と探っている時に、見つけたという方も多いのでは?
Disney Launchpadは、様々なバックグラウンドを持つ新世代の若き映像作家をディズニーが発掘・支援し、彼らのユニークな視点で描いた短編作品を世界配信する、まさに“Launchpad(=発射台)”となるようなプロジェクト。それぞれの映像作家たちをディズニープラスはもとより、マーベルやピクサーなど映画製作の第一線で活躍するエグゼクティブが制作をサポートする。第1弾となる今回は、「発見」をテーマに、1,100人以上の応募から選ばれた6人の若き映像作家が、それぞれユニークな視点を活かし、多様性、創造性豊かな約20分のオリジナルストーリーを作りだした。

この度、今後の活躍に期待せずにはいられない才能豊かな若手映像作家たちのインタビューが到着。作品に込めた思いや日本の視聴者に向けたメッセージなどをたっぷりと話してくれた。作品を見る前に参考にするもよし、作品を見てから思いを深めるもよし。作品に、言葉に込められた思いは新たな人生観の気づきを与えてくれるはず。個人的イチオシの『若きバンパイアの憂鬱』からみていこう。

©2021 Disney

『若きバンパイアの憂鬱』アン・マリー・ペイス監督

©2021 Disney

メキシコ系アメリカ人で半分人間・半分バンパイアの女子高生ヴァル・ガルシア。人間の親友に正体を明かせないまま、モンスターだらけの学校に転校。そこでは人間は敵扱いされていて、人間の血が入っているなんて言えない!! 板挟みになっていたとき、親友がモンスター学校に迷い込んでしまい… というストーリーが展開する『若きバンパイアの憂鬱』。コミカルな雰囲気をハイセンスな音楽が盛り上げ、テンポがいいのにストーリーは深いというぜひとも観てほしい本作。なにより主人公のヴァルがかわいくてかわいくて、愛嬌たっぷりの自然な演技に魅了されっぱなし。そんな本作を手掛けたのはテネシーで生まれ育ち、現在はロサンゼルスを拠点に活動する脚本家/監督アン・マリー・ペイス。アイデアは自分の体験から来ているという。
「私はメキシコ系アメリカ人で、バイセクシュアルなんです。だから子供の頃、2つのアイデンティティの間にいるように感じて、これらのアイデンティティのどこに属しているのかはっきりわからなくて、とても苦しみました。私はそういうことをヴァルを通して掘り下げたかったんです。そして、私が人生の後半になって気づいたことに彼女が気づくようなジャーニー(旅)に連れて行ってあげたかった。」

作中の印象的な台詞に次のような台詞が。半分人間であることを内緒にしてほしいというヴァルに保健室の先生が「あなたは人間であり、バンパイアである。でしょ?」と言うのだ。これには監督の次のような思いが込められているようだ。
「あなたが複数のアイデンティティを持つ人だからといって、あなたはそのアイデンティティのごく一部だということではありません。そのアイデンティティの全てが、あなたがどういう人かということを作り上げて、完璧な人間にしているのだって気づかせてあげたかった。ただ、私と違って、彼女がメキシコ人でクイアであることを讃えたかったので、それが葛藤にならないようにしました。代わりに、バンパイアの要素を葛藤にしました。モンスターはいつも恐れられたり、誤解されていて、アウトサイダー的な側面がありますよね。そんなアウトサイダーとしてのモンスターは、私たち誰もが感じてきた疎外感を体現できる存在だと思いました。」

©2021 Disney

さらに個人的に大きな拍手を送りたいのが、ボディポジティブの要素も見事に織り交ぜているということ。日本でいうところのぽっちゃり系を主人公にしているが、体型に悩み、自信がない少女ではない。意識しなければわからないが、つまりそれは私たちの感覚の“普通”になり始めているということ。これは少し前に“意識的”に描かれてきた多様性がようやく定着しはじめてきたといえるだろう。

たった20分、マイノリティ要素だらけのヴァルなのに、思わず共感して引き込まれて見入ってしまう本作。最後に日本の観客に向けてメッセージをくれた。
「私はずっと日本文化が大好きでした。私が是非行ってみたいと思っている場所のひとつです。このストーリーの見どころは、日本の皆さんからすると、全く違うバックグラウンドから来ているというところです。このストーリーを観ることで、皆さんに受け取ってもらいたいことは、恥ずかしいと思っていたり、隠すようにと言われてきたどんな部分も、実はあなたを支えるスーパーパワーだということです。それらは、皆さんの人生に彩りを与えてくれます。この映画を観た後、人々は、あるがままで完璧だということに気づき、そういうところに強さを見つけてくれればいいなと願っています。」

『リトル・プリン(セ)ス』 モキシー・ペン監督

©2021 Disney

アメリカの小学校で新たな友達を見つけたロブ。その友達は、中国系という共通点をもつ、バレエとピンクが大好きな少年ガブリエル。父に紹介しようとするが、父はガブリエルの女の子のような言動などに疑問を示し… というストーリーを描き出したのは中国湖南省出身の脚本家・監督モキシー・ペン。

ニューヨーク大学のフィルムスクールで最終学年を迎え、仕事を探していたときに “Disney Launchpad”のことを知り、応募したという。「僕はディズニー的なストーリーを語ろうとしていたわけじゃありません。ただ、自分の心に響くストーリーを、僕にとって意味があるストーリーを語りたかっただけなんです。」と自分の人生に基づくストーリーであることを明かした。

©2021 Disney

まさにガブリエルのような少年だったという監督。本作では子供の前で父同士が話をするなんとも酷なシーンがあるが、それも監督自身の体験の再現だったようだ。「近所の友達のお父さんが僕たちの仲を疑い始めて、僕が彼に悪い影響を与えているのだと思い始めました。ある日、彼は夕飯の時間にやってきて、僕の父に「モキシーは普通の子供じゃないから矯正する必要がある」と言いました。僕は家族をがっかりさせてしまったと思い泣きました。けれど父はとても怒って僕の味方をしてくれて「あるがままの息子を愛している」と言ってくれたんです。」
この時監督は初めて“言葉が人を傷つけることがある”ということに気がついたそう。同時に、あるがままの自分を受け入れてくれる人がいることにも気づいたという。「僕はそのメッセージをずっと持ち続けていて、クイアやトランスジェンダーの子供たちは独りじゃないということを表現したかったんです。僕たちはいつも彼らのことを気にかけているし、お互いのことを助け合っている。」

監督は日本の観客にこの映画を見て、広い心を持ち続けるようにして欲しいという。「トランスジェンダーやクイアの人たちに興味を持ち、信頼して欲しいです。彼らは実際にここに存在する人間なのですから。」

『トラになろう』 ステファニー・アベル・ホロヴィッツ監督

©2021 Disney

母親をなくしたばかりのベビーシッター、アヴァロン。いつも通り平静を装って4歳の子供の子守りをするが… というストーリーが描かれる本作の監督は10年間舞台の演出をした後、映画に転向したステファニー・アベル・ホロヴィッツ監督。彼女の2作目の短編映画『SOMETIMES, I THINK ABOUT DYING』は、2019年サンダンス映画祭で初上映され、アカデミー賞の選抜候補名簿にも残った。そんな彼女にとってもこの企画は、大きなスタジオ映画を作れるチャンス。

アイデアのきっかけは…「私の祖父母は100歳に、両親は70歳に、一方で甥は4歳になるところでした。私はそれを見て、人生のバトンを渡すということを考えました。」20代の頃ベビーシッターをしていたという監督。ある日、面倒を見ていた優しい男の子がいきなり、指を銃の形に構えて、撃つそぶりをしたそう。そこで「それがどういう意味か知ってるの?」と聞いたら、彼は知らなかったという。この体験を通じて、いずれ訪れる死と、その痛みや喪失感に何度も苦しまなければいけないことをどうやって話すのだろう。どうやってそれを分かち合い、子供たちに伝えていくのだろうと考えるようになったという。

©2021 Disney

「自分の悲しみや弱いところを他の人と分かち合うことが上手くできないんです。だからこそこの映画は、そういった自分自身の弱い部分を分かち合い、自分の人生で出会う人々への贈り物だということを描いています。」

最後に監督は日本の観客へ次のようにメッセージを送った。「この映画が、皆さんにとって何らかの意味があればいいなと思います。それが心を動かす経験になって、誰か他の人と、思いを分かち合いたいと思ってくださることを願っています。」

『ディナーをどうぞ︕』 ハオ・ズン監督

©2021 Disney

全寮制のエリート学校に通う中国人留学生は、まだ留学⽣が誰も採用されたことがないリーダー役の試験に挑戦。しかしとあることをきっかけに努力ではその役を勝ち取れないと気付いてしまう…。本作の監督は、人気のある中国の映画やテレビ番組に出演するプロの俳優から、学生アカデミー賞受賞監督に転身したハオ・ズン。選ばれたと連絡を受けた時文字通り5分間くらい固まってしまったという。

15歳で初めてアメリカにやってきてニューヨークの高校に通い始めた監督。当時、誰も自分のことを見てくれないことが嫌で注目を集めるべく色んなポジションに応募したという。そうした経験が反映されている本作には「たとえぎこちなくても、たとえ誰も理解しなくても、僕たちは自分自身の声を聴かなきゃいけない。」という監督のメッセージが込められている。

©2021 Disney

このプロジェクトはコロナ禍に撮影などの制作を行うという大きなチャレンジを試みたが、その中でも本作は、製作に入った最初の映画。「当時、コロナ禍に撮影するのがどういうことか、まだ誰もわかっていなかったんです。みんなが対応しようとしていて、撮影できる時間が凄く限られていました。また、常にフェイスシールドやマスクをつけていないといけなかったんです。どうやって役者たちとコミュニケーションを取れば良いのか?それを考えることは僕にとって初めてのことでした。でも良かったことは、コロナ禍の時に撮影するのがどれほど大変なことかということをみんなが理解していたから、みんなとても辛抱強かったことです。みんなが協力してくれました。」

『最後のチュパカブラ』 ジェシカ・メンデス・シケイロース監督

©2021 Disney

ソノラの原住民とヨーロッパ人の混血家系出身のメキシコ系アメリカ人女性の脚本家/監督ジェシカ・メンデス・シケイロースが描く物語の舞台はなんと…⽂化が存在しなくなった世界。伝統を守ろうと奮闘する孤独なメキシコ系アメリカ人の女性が知らず知らずのうちに古代の生き物を呼び出してしまい…

短編映画の数々は、75の映画祭で上映されているジェシカ・メンデス・シケイロース監督。作品には100歳まで生きた曾祖母チャパへの思いがたくさん込められている。「私の家族はずっとメキシコ人であること、メキシコ系アメリカ人の家族であることを、とてもとても誇りにしてきました。元々アリゾナ出身だけど、その土地にずっといたんです。(アリゾナ州はもともとメキシコの領土) 私は曾祖母が亡くなった後、彼女と一緒に25年間も生きていたのに、彼女から何も受け継いでいないということに気づきました。そして、私たちの文化を知る機会を失ってしまったことにショックを受けました。だからこそ、私たちの文化を維持し続けるのは、私たちの責任だと気づいたんです。」

©2021 Disney

メキシコ系アメリカ人であることが、人生を濃厚にしていると言う監督。「私の家族の血筋が先住民だということで、自分や家族のルーツに昔から関心がありました。それが現在、映像作家として自分が何者かを問うことになるきっかけになったのだと思います。メキシコ系アメリカ人ということが何を意味しているのか、Latinx(ラテンアメリカ系住民)という大きな総称が何を意味しているのか、ということを私が包括的に描くことは不可能です。私ができることは、私の経験や私の人生にある多重の文化をとても明確にして、これらのストーリーを人々と分かち合うこと。そして、そんな機会に恵まれたことは、とても幸運だと思います。」

本作に欠かせないみどころは、キュートな“チュパカブラ”。謎めいたチュパカブラは、エフェクトをほとんど使うことなく、パペット・メイカーとともに作り上げられた。
「チュパカブラというのは未知の存在。それを表現するために、最高のパペット・メイカーのパペット・ヒープという会社を頼りました。私は、アレブリヘ(動物や実在しない動物などのメキシコの伝統工芸品)や、いろんな要素が混ざったスタイルや、文化的な要素をふんだんに含んだパペットに注目しました。まるで木に見えるように作られています。チュパカブラは、多くの他文化的要素で作られているんです。」

『イード』 アクサ・アルタフ監督

©2021 Disney

イスラム教徒でパキスタン⼈の移⺠のアミーナは、イードの⽇、学校を休めないと知る。アメリカでもこれまで通りイードをお祝いしようとするアミーナに対し、姉はみんなに知られたくない様子。ショックを受けたアミーナは、イードを休⽇にするため署名活動を始める。

監督は、クウェートでイスラム教徒のパキスタン⼈とスリランカ⼈の両親に育てられたアクサ・アルタフ。USCの映画芸術学科を卒業。短編映画『ONE SMALL STEP』は数多くの賞を受賞しているほか、2019年カンヌ映画祭ではアメリカン・パビリオンで上映された。

イードとは、イスラム教の断食明けの祭りのこと。元々、移民に関するストーリーを描きたかった監督が、なぜイードをテーマに選んだのか。「私がアメリカに引っ越してきた時、誰もイードについて知りませんでした。新しい場所でとても孤独を感じました。だから私は、イードをもっとたくさんの人に知って貰おうとしたんです。だって、世界中にいる18億人ものイスラム教徒がイードを祝っているんですよ!」

©2021 Disney

移民のストーリーの描き方にも監督のこだわりが。「これまでに私が観た移民のストーリーは、移民が新しい居場所や文化を受け入れていく、というものでした。同化(より大きな集団の文化や風習などを受け入れる過程)を描いていました。でも今はもう、文化や集団が私たちのことをもっと受け入れるという時代に来ていると思います。」

コロナ禍での撮影は自分を強い監督にしてくれたという。「監督って、事前準備がとても大切なんです。私はいつもプランAとプランBを持って撮影に挑んでいました。でも、コロナ禍の後は、プランCとプラン Dも持っていないといけないとすごく思ったんです。だって撮影現場では常に何が起こるか分からないから。」


最後に日本の観客へメッセージをくれた。「日本の皆さんに知ってほしいことは、私たちはみんな、両親や祖父母、マスコミ、教育などの偏見を通して、文化や宗教がどういうものかを見ているということ。でも私たちはその偏見に対して、常に疑いの目を向けているべきなんです。そしてすべての文化や宗教を通じて、彼らの人間性を感じ取ってほしいです。彼らはあなたたちと同じなんです。すべての人間にはあなたと同じように、大切なホリデー(祭日)がある。彼らにも、あなたたちと同じように、大事にしたい家族がいます。私は日本の皆さんがこの映画を見て、前の世代から受け継がれてきたすべてのものに疑問を投げかけることを願っています。そして私たちはこれから、誰のことも否定しない、みんなにとって平等な世界を作ることが出来ることを心から願っています。」

誰しもが持っている“自分らしさ”を大切にすることの意味。そして自分とは異なる他者を理解し尊重し合う事の大切さが一人ひとりの心に響く、希望溢れる珠玉の短編映画をお楽しみに。

Twitterでシェア

関連リンク

  • 6/9 17:51
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます