ヘイセイ知念&トラウデン直美の熱愛で思い起こされる「環境に配慮」炎上騒動!

拡大画像を見る

 Hey!Say!JUMPの知念侑李(27)とモデルのトラウデン直美(22)が交際していると、10日配信の「NEWSポストセブン」が報じている。

 記事によると、2人はもともと共通の知人を通じた友人関係だったが、昨年末から急接近し、今年に入ってから交際がスタート。5月下旬の昼過ぎには、知念が暮らすタワーマンションの一室からトラウデンが出てくる様子がキャッチされたという。

 知念とトラウデンの熱愛に、ネットでは「2人とも知的な感じで良い」「若い独身のふたりだから、自由に交際すればいい」「お家デートか。今のご時世にキッチリ合わせて当たり前ですが、やはり賢さがこうした行動にも出てますね」「お互いに独身なので、交際してもいいし、結婚に進んでもいい」「匂わせもしていない、2ショットも撮られていない。完璧なお相手じゃん」と好意的な反応が出ている一方、一部では「トラウデンさんと言えば、これは環境に配慮した商品ですか?と店員に聞くイメージしかない」「デートの度に、環境に配慮した商品ですか?って聞かなきゃいけないのかな」との声も出ている。

「トラウデンといえば、現役の慶應大学生で、父親が京都大学で外国語教師を務めていることもあり、政治や人権問題にも関心が高いことから『日経プラス10』(BSテレ東)、『Mr.サンデー』、『めざまし8』(ともにフジテレビ系)などの報道番組に出演中。

 しかし、昨年12月17日に首相官邸で財界人や研究者、環境活動家らを招いて行われた『2050年カーボンニュートラル・全国フォーラム』に出席した際、『店員に「環境に配慮した商品ですか」と尋ねることで店側の意識も変わっていく』と発言したことから、ネットで『面倒くさい客』『店員に言われても困る』といった批判が相次いで炎上したことがあります。この一件は、世間に相当なインパクトを残したようなので、今回の熱愛報道でもそれを絡めたコメントが出ているのでしょうね」(女性誌ライター)

 環境問題に詳しいトラウデンが選んだ知念は、自然への配慮を忘れないエコな男性なのかもしれない!?

関連リンク

  • 6/10 16:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます