ローソンから“専門店”の焼肉弁当、「焼肉トラジ」とコラボ

拡大画像を見る

 コンビニエンスストアのローソンは、全国の店舗で「焼肉トラジ」監修の焼肉弁当7種を発売した。ローソンでの焼肉トラジ監修商品の発売は初めて。コロナ禍でも専門店の味を顧客に楽しんでもらいたいという両社の思いから実現した。

 ラインアップは、「牛カルビ焼肉重」(698円)、「焼肉ビビンパ丼」(598円)、「和風だし冷麺」(399円)、「ビビン冷麺」(399円)、「金しゃりおにぎり黒毛和牛焼肉」(299円)、「牛焼肉サラダ巻」(399円)、「牛焼肉太巻」(980円)。
 なかでも牛カルビ焼肉重は、店内調理商品「まちかど厨房」展開店舗でのみ販売。厚切りの牛カルビを直火であぶっており、香ばしさが口の中に広がる焼肉重に仕上がっている。また、牛焼肉サラダ巻は、ピリ辛のコチュジャンマヨネーズがアクセントの焼肉サラダ丼を再現した、手軽に食べられる肉巻き寿司になっている。
 なお、焼肉ビビンパ丼はナチュラルローソンでの取り扱いはない。和風だし冷麺は北海道エリアのみ6月15日の発売。牛焼肉太巻は予約商品としている。

関連リンク

  • 6/10 16:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます