できる女の第一歩!【彼氏とのケンカ】の際に心がけているマイルールって?

拡大画像を見る

たった一度の件かが原因で、彼氏と別れることになったという女性もいるでしょう。ケンカしてお互いがヒートアップしていると、収集がつかずに別てしまうということもありますよね。
ケンカ別れしたことを後悔しているという女性も多いです。そこで、喧嘩別れしたくない女性が彼氏とのケンカの際に心がけているマイルールについて紹介します。


感情的に言い返さない

ケンカしていると、つい荒い口調になってしまうこともあります。相手に対して嫌悪感が溜まっているので、優しい言葉をかけられずきつい口調になることが多いです。できる女はそんな時、感情をいったん落ち着かせます。
感情的になって彼氏に言い返してしまうと、お互いに取集が付きません。彼氏にも冷静になってもらいたいところですが、まず自分が落ち着いた物言いをすることでその場を鎮静させようとするのです。


悪者を決めない

ケンカすると、どちらが悪かったのかはっきりさせたいということもあるでしょう。しかし、喧嘩両成敗でどちらにも悪いところがあるということがほとんどです。できる女は悪者を見つけようとしません。
なぜこんなことになったのか原因を探り、二度と起きないように話し合います。どちらが悪いかではなく、こうならないためにはどうするのかを話し合いのメインテーマに持ってくるのです。


次の日まで持ち越さない

ケンカ期間が長くなると、お互いにどうしたらいいのか分からなくなります。そのため、できる女はケンカを次の日まで持ち越しません。当日に解決して次の日には普通に接します。
ケンカしても引きずることがないので、その後言い合うこともありません。ケンカの際にきちんと言いたいことを伝えているので、何回も同じ話をしないようにしています。


過去のことを持ち出さない

ケンカする度に過去のことも持ち出して、彼氏を責める発言をする女性は多いです。しかし、たいていの男性がこの行動を嫌います。今は、過去の話は関係ないと感じているのです。
できる女性は、今回起こったケンカに対しての意見を述べます。そのため、過去のことを持ち出して再び責めるということをしません。解決したことを再び持ち出されるのは誰だって嫌なのです。


ケンカのときのルールを決めよう!

よくケンカ別れするという女性は、ケンカしたときには自分はこうするというルールを決めておくとよいですよ。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/10 15:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます