益若つばさ 「避妊リング」ネーミングに抵抗感の声に「名前良くないよね」

拡大画像を見る

 モデルの益若つばさが9日、ツイッターを更新し、避妊リング装着を公表したことで「避妊リング」という名前に「抵抗がある」などの反響があったことに「避妊だけでなく生理過多や生理痛、PMSや治療にも役立つのにもっといいネーミングつけてもらえたらいいよね」と投稿した。

 益若は8日に自身のYouTubeチャンネルで、子宮内に避妊リングを入れたことを公表。T字型の避妊器具を子宮内に入れる事で、避妊はもちろん、生理痛や月経の血液の量も減少させる効果があるとされている。

 だがネーミングがかなりインパクトがあるため「抵抗がある」などの声も一部で上がった。

 これに益若は「避妊リングって名前が良くないよね」と同意。「かといってミレーナだと知らない方には興味を持たれないし、避妊だけでなく生理過多や生理痛、PMSや治療にも役立つのにもっといいネーミングつけてもらいたいよね」と、ネーミングには一考の余地ありとの思いをつづった。

 だが「避妊リング」というネーミングで益若自身も「フアッ?!って調べるに至ったから、きっかけはどうあれ新しいことを知っていくのは何歳でも遅くないと思う」と、これをきっかけに多くの人が考えたり、調べたりするきっかけになってくれればと投稿。「世の中知らないことだらけだからみんなで情報交換してこ!」と呼びかけていた。

関連リンク

  • 6/10 13:22
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます