長瀬、J退所で「男らしさ」の縛り開放!?ナチュラル路線でニャンニャンも!

拡大画像を見る

 3月いっぱいで、惜しまれながらもTOKIOから脱退、ジャニーズ事務所からも退所した長瀬智也(42)。ジャニーズ事務所によると、退所後の長瀬は他の事務所で芸能活動を続けず、裏方として新しい仕事の形を創り上げていくとしていた。

「4月からは長瀬さんの新しい姿は見られなくなってしまう可能性もありました。しかし、長瀬さんは思わぬ形で世間に顔を出します。4月3日、インスタグラムに『ayomotesagan』なる名前で、プロフィール欄に“長瀬智也 / tomoya nagase”と書かれたアカウントが出現したんです。

 認証マークもない上、当初は本人と特定できるような投稿もなかったのですが、4月8日と9日にバイクに乗った長瀬さんの写真がアップ。その後も彼が映った写真が何度も投稿されたことで、本人のアカウントだということが確定しました」(WEB編集者)

■男のロマンが終焉!?

 ウェブ上に再び姿を表した長瀬。その投稿内容は、まさに“長瀬ワールド”全開と言えるものばかりだった。

「長瀬さんの投稿というとバイク、ギターやベースといった楽器、釣り、スケボーが目立ちます。もう完全に彼の趣味の世界ですよね。同じようにジャニーズを退所した山下智久(36)や手越祐也(33)のように、仕事のツールとしてSNSを使用するのではなく、趣味のためだけのアカウントとして使っているようです」(前出のWEB編集者)

 男のロマンを詰め込んだかのような長瀬の投稿の数々。しかし、この路線に変化が生じるかもしれないという。

「6月8日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)によると、長瀬さんは最近バイクよりも、マダガスカル原産の植物“パキプス”を大事にしているといいます。彼はこれを30万円ほどで購入。水やりや日光の当て方を間違えると腐ったり枯れたりしてしまう非常に繊細な植物だそうで、長瀬さんはつきっきりで面倒を見ているとか。

 愛情をたっぷり注いでいる分、彼も“パキプス”をインスタで自慢したくて仕方ないのでは。男臭さ全開だったタイムラインに“パキプス”が突然登場する日も近いかもしれませんね(笑)」(女性誌記者)

■愛しの“みーちゃん”も仲間入り?

 実は長瀬は、パキプス以外にも男らしさとはほど遠いもの愛でているという。

「長瀬さんは、退所前からノルウェージャンフォレストキャットの“みーちゃん”という猫を飼っています。ノルウェージャンフォレストキャットは、北欧神話に登場するほど古くからノルウェーに生息していて、大きな体と美しい長毛に包まれているのが特徴です。

 彼のみーちゃんの溺愛ぶりは相当なもので、2018年6月放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演した際には、“ちょっと仕事で嫌なことあっても、もう玄関開けて(みーちゃんを)見た瞬間にすべて忘れますね”と語っています」(前出の女性誌記者)

 まだみーちゃんはインスタに姿を表していない。しかし、その前兆は見られるという。

「長瀬さんは、4月6日に“なるほどね。ま、楽しくやろうぜ。#猫”とのコメントともに猫の画像を投稿。4月14日にも“#長州さんから頂いたスウェットパーカー着て蕎麦食ってたら突然猫が来てこれ#右手を奪われたので左手で完食よ”と長瀬さんの腕の中で眠りにつく猫の写真を投稿しています。

 すでに猫好きが漏れてしまっていますし、みーちゃんの登場も時間の問題かもしれませんよ」(前同)

“パキプス”とみーちゃんの登場で、長瀬のインスタはナチュラル路線に舵を切る!?

関連リンク

  • 6/10 7:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます