柏木由紀 脊髄空洞症「6月末に手術予定」10月から前倒し「なるべく早く」

拡大画像を見る

 8日に「脊髄空洞症」の手術治療のため、当面の間休養することを発表したAKB48の柏木由紀(29)が9日、ABEMA夜のニュース番組「ABEMA Prime」にゲストMCとして出演した。休養発表後初の“肉声”で、今月末にも手術を受ける見通しを明らかにした。

 “疑い”が明らかになって以降、2度の検査を受けたという柏木。結果、MRI検査の画像から「しっかり病気が分かって、割と早めに進行していることも分かった」という。当初は10月末の手術を想定していたというが「このスピードで進んでいると、なるべく早く手術した方がいいとなって、今月末ぐらいに手術の予定です」と経緯を語った。

 現在は左手に若干のしびれを覚えていることに加え首の痛みがあり、痛み止めで抑えているという。初めての入院、手術。「心配ではありますが、後から『こういうことがあったが、こういう風に頑張ってきました』と明るくどこかで話せるようにと思って頑張りたいな」と前向きな決意を口にした。

関連リンク

  • 6/10 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます