フォトスポット満載!千葉県鋸山の「日本寺」って知ってる?

拡大画像を見る

千葉県安房郡鋸南町鋸山にある「日本寺」。日本にはたくさんの寺院がありますが、「日本」とつくのは珍しいですよね。そんな日本寺には、フォトスポットがたくさん。中には、最近テレビの特集などでも紹介されている名物スポットも。都内から日帰りでも行ける日本寺の魅力をご紹介します。


千葉の絶景スポット「日本寺」



「日本寺」は、千葉県安房郡鋸南町(きょなんまち)にある、開山から約1300年の歴史がある関東最古の勅願所とされるお寺。鋸山(のこぎりやま)の南斜面10万坪余りが境内という、とても広いお寺です。


フォトジェニックなスポットがたくさん!「山頂エリア」



日本寺の中でも近年有名になったのが「山頂エリア」。百尺観音へと向かう途中にあるのは、まるでジブリの世界に入り込んだかのような切通。幻想的な写真が撮れるフォトスポットです。



ジブリのような切通を抜ると、開けたエリアに出ます。見上げると、とても大きな「百尺観音」が現れます。百尺観音はその名の通り、百尺(約30メートル)もある巨大な観音様。大きさに圧倒されます。


最近人気の「地獄のぞき」も日本寺の境内にある



最近テレビなどでも特集が組まれ、話題になっている絶景スポット「地獄のぞき」があるのも、日本寺の山頂エリアなのです。



地獄のぞきで写真を撮ったら、ぜひ足を延ばしてほしいのが、地獄のぞきの奥にある「山頂展望台」。



山頂展望台からの景色がこちら。実は、地獄のぞき越しに東京湾が一望できる絶景スポットなのです。地獄のぞきよりも抜け感があり、より怖さもあるかも。


「羅漢エリア」にはフォトジェニックな切通がある



山頂エリアで地獄のぞき、山頂展望台からの絶景を楽しんだ後は、「大仏広場」へと向かいましょう。山頂エリアと大仏広場とを結ぶ「羅漢エリア」には千五百体もの羅漢像があり、とても神秘的なエリアです。途中にある切通は、苔生した岩がフォトジェニック。


座像では国内最大の大仏様が!「大仏エリア」



大仏広場にあるのが、日本寺の御本尊、薬師瑠璃光如来。高さが31メートルという、座像では日本最大級の大仏様なのです。奈良の大仏として有名な「東大寺」の大仏様は約16メートルとされているので、約2個分の大きさ。大きいはずですね。


次のお休みは、都内から日帰りで楽しめる日本寺へ出かけてみよう


フォトジェニックなスポットがある日本寺をご紹介しました。
日本寺の最寄り駅は、JR内房線「浜金谷」駅もしくは「保田」駅。浜金谷駅からは、「鋸山ロープウェー」でのアクセスが便利です。他に、バス、フェリーなどでもアクセスができます。
都内から日帰りでも行けちゃう絶景スポット日本寺へぜひお出かけしてみて。


<スポット情報>
日本寺
住所: 千葉県安房郡鋸南町鋸山
電話: 0470-55-1103

関連リンク

  • 6/10 2:43
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます