【大井・東京ダービー結果】2歳王者アランバローズが逃げ切り戴冠!

拡大画像を見る

 9日、大井競馬場で行われた第67回東京ダービー(3歳・重賞・ダ2000m・1着賞金5000万円)は、好スタートから先手を取った左海誠二騎手騎乗の1番人気アランバローズ(牡3、船橋・林正人厩舎)が、直線で迫る12番人気ギャルダル(牡3、船橋・川島正一厩舎)を振り切り、これに3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分6秒6(良)。

 さらにクビ差の3着に10番人気ブライトフラッグ(牡3、大井・藤田輝信厩舎)が入った。なお、3番人気チサット(牡3、大井・佐宗応和厩舎)は9着、2番人気トランセンデンス(牡3、浦和 ・小久保智厩舎)は11着に終わった。

 勝ったアランバローズは、父ヘニーヒューズ、母カサロサーダ、その父ステイゴールドという血統。昨年は無傷の5連勝で全日本2歳優駿を制してNARグランプリ2歳最優秀牡馬に選出されるも、今年は京浜盃9着・羽田盃2着と連敗を喫していたが、ここで巻き返して南関東3歳世代の頂点に立った。

関連リンク

  • 6/9 20:27
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます